大好きな彼氏との愛情を確かめたり、実感したりするのにはスキンシップが欠かせないでしょう。

しかし自分からするのは恥ずかしいと感じたいる人もいるはず。

今回は、彼氏とのスキンシップを増やす方法をご紹介します。

自分からは恥ずかしいけど…!彼氏とのスキンシップを増やす方法

軽いスキンシップを続ける

男性のなかには、女性に触れるのに抵抗があるという人も。

しかしそんな彼氏に向かって「触っていいよ」とは言いにくいものですよね。

まずは肩に触れる、そっと寄り添うなどさりげなく「触れる」頻度を増やしてみてください。

そうすることできっと彼も「それくらいならいいのか」と思ってくれるはずです。

ごくたまに激しいスキンシップをするよりも、ちょっとした触れ合いを高頻度でするほうが、心理的なハードルが下がるのだとか。

まずはスキンシップの質ではなく、「頻度」を高めることを意識してみてください。

彼の好みを探る

ハグより手をつなぐのが好き、抱き合うよりも後ろから抱きつかれるほうがいいなど、彼の好きなスキンシップのタイプを知っていますか?

人によって好みはバラバラなので、直接聞いてみるのもいいかもしれません。

聞くときは実際にやりながら「こっちとこっち、どっちが好き?」と聞いてみると、その場でスキンシップもできて一石二鳥でしょう。

男性は、引かれるのを恐れて「○○してほしい」とは恥ずかしくて言えないようです。

ここはあなたのほうから彼の好みを引き出してあげましょう。

触れられたら喜びを伝える

男性が女性に触れなくなる理由の一つに、「拒否されたらどうしよう」という不安を感じていることが挙げられます。

こちらは冗談のつもりで「さわらないで!」と言っても、男性は傷つくことも。

スキンシップを増やしたいのなら、彼から触れられたときに素直に喜びましょう。

笑顔を見せたり言葉で「うれしい」と伝えたりして、「スキンシップの時間が大切」だと理解してもらえるといいですね。

さらに距離を縮めるために

好きな人とのスキンシップから、安心感を味わい、リラックスできるという人もいるでしょう。

2人の仲をさらに深めることもあるはず。

少し勇気を出して、彼との愛を感じられるといいですね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)