いいなと思っている人からの好意を感じると、うれしさを感じつつも照れくささもあるかもしれません。

しかしそこで相手に好意を示せないと、誤解される可能性も。

今回は、気になる男性に好意をアピールする方法をご紹介します。

もしかして両思い?気になる人に好意をアピールする方法

明るいリアクションをする

「好き」と直接的な発言ができない時期には、会話でのリアクションが重要になってきます。

好きな人がどんな反応を見せてくるかは、多くの人が気にすることでしょう。

普段は大人しい女性も、デートのときだけはちょっぴりオーバーリアクションを意識してみましょう。

「美味しい!」や「今日は楽しかった!」などと明るく伝えるだけで、良好な関係をキープしやすくなりますよ。

自分からLINEを送る

会えない時間もコミュニケーションをとるには、自分からLINEを送ることが大切です。

「今なにしてるの?」や「お仕事お疲れ様!」など、きっかけはなんでもOK。

やり取りでは積極的に絵文字やスタンプを使って、楽しいことを伝えるのもいいかもしれません。

一方通行な片思いでないとわかれば、彼もデートに誘いやすくなるはずですよ。

自分の話をする

恋愛において自分の話ばかりするのはよくないと言われがちですが、相手が好意を持ってくれているなら話は別なのだとか。

むしろかたくなに心を開かずにいると「俺、嫌われてるのかな」と思う男性もいるようです。

友達や仕事の話、今日あった出来事など、適度に自分の話をすることで、お互いへの理解も深まります。

彼への質問もしながら、会話を楽しんでくださいね。

ほめ言葉を受け入れる

人からほめられると恥ずかしくなって、つい否定してしまう人もいるでしょう。

全力で否定されると、返答に困るもの。

そのため素直にほめづらくなり、どこか他人行儀になってしまう……なんてことも。

ほめられたときには否定せず、「ありがとうございます!そんなこと言ってもらえたの初めてです!」などと明るく返してみましょう。

「○○さんもかっこいいじゃないですか!」とほめ返すのもいいかもしれません。

好意のアピールは超大事!

「両思いかもしれない」とお互いに思い合っている状態は、期待とともに不安が大きくなりやすい時期でもあります。

何気ない言動で、相手に「勘違いだったのかな」と思われていては、うまくいく恋もうまくいかないでしょう。

少し勇気を出して好意をアピールすることで、彼を安心させてあげられるといいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)