とくにケンカをしたわけでもないのに、なぜか不機嫌モードな彼氏。

もしかしたら、なにかに対して嫉妬しているのかもしれません。

嫉妬は、わざわざ口に出さないものです。

今回は、男性が嫉妬しているときの態度を3つご紹介します。

無口になる

男性が嫉妬するときは無口になることが多くあります。

嫉妬していることを口に出しませんが、頭の中はもやもや。

彼女が他の男性をほめた、彼女の方が自分より成績がよい……だからといって、それを怒るのは大人げないことを彼は知っています。

そんなときは、彼のいいところもたくさんほめてあげましょう。

誰でもほめられるとうれしい気持ちになるものです。

そうすれば、彼の頭の中のもやもやもスッキリするでしょう。

自慢話を始める

嫉妬すると、自慢話を始める人もいます。

このタイプの男性は、自分の武勇伝をあなたに話すことで、自信を取り戻そうとしているのです。

他の男性と比べて、劣っていると思われることが嫌でたまらないのでしょう。

「僕もすごいところがあるんだ」ということを一生懸命伝えようとしているわけです。

もしかしたら、普段から自信がなかったり、コンプレックスに感じたりしている部分があるのかもしれません。

そんなときは、自慢話をする彼を煽ったり、気にしている部分を刺激したりしないようにしましょう。

別の女性の話題を出す

わざと他の女性の話題を出す人もいます。

「僕だっていいなと思う異性がいる」ということを一生懸命匂わせているのです。

こういうタイプの男性は、あなたを独占したい気持ちが強い人かも。

「いつでもあなたが一番」という気持ちをしっかり伝えてあげれば、彼も安心できるはずですよ。

ケンカに発展させないで!

嫉妬を放置したり、むやみに刺激したりすると、ケンカの原因になります。

気持ちが爆発してしまうと、破局する可能性も……。

彼の気持ちも尊重しつつ、良好な関係を保ってくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)