彼氏が欲しい!好きな人と両思いになりたい!と思っても、簡単に上手くいくものではないですよね。

しかし相手を「ちょっといいかも?」と思ってから時間が経ちすぎると、両思いになれる可能性が低くなることも。

今回は、恋が叶いやすい「意識しはじめてからの期間」をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

恋が叶いやすい「意識しはじめてからの期間」があるらしい!

長すぎると?

相手を意識しはじめてからの期間が長くなるにつれ、仲良くなりすぎてしまうパターンも。

完全に友達としてしか見られなくなってからでは、恋愛対象としていてもらうのは難しくなります。

アプローチするなら、お互いにすべてを知り尽くしていない期間がベストでしょう。

気の合う友達になる前に、恋愛対象として見てもらえるようにするのが大切です。

短すぎると?

アプローチは早い段階から始めると効果的ですが、早すぎるのも危険でしょう。

知り合ってから一週間や一か月でアプローチすると、その思いが本気なのか疑われることも。

「誰にでもこうなのかな」などと、軽い印象を持たれてしまう可能性もあります。

またお互いに性格を知らない段階で動くと、「思っていたのと違った」「考え方が合わない」などの問題が起こるかもしれませんよ。

成就しやすいのは2~3ヶ月!

恋が上手くいきやすいのは、およそ2~3ヶ月だといわれています。

最初こそじっくり時間をかけ、相手と交流していれば、お互いの性格や好みがわかってくるはず。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、相手の意識が冷め切ってしまわないうちにアプローチをすることが、片思いの成功率を上げるコツなのかもしれませんね。

相手の反応を見ながら、ときにはちょっぴり大胆さを見せるのもいいかもしれませんよ。

しっかり見極めて

ベストな時期は相手のタイプや状況によって変わってくるもの。

大切なのは、相手の反応をしっかり見極めることです。

自分の気持ちを押し付けることのないよう、少しずつ距離を縮めていけるといいですね。

焦りすぎず、ゆっくり行きましょう!

(愛カツ編集部)