「好きな人や彼氏には、露出度の高い服装でアピールを……」なんて思ったことはありませんか?

じつはそれ、逆効果な場合が多いようです。

好きな人が露出度の高い服装をするのを嫌う男性は、意外とたくさんいるみたい。

そこで今回は、男性が本命にはやめてほしいと思う「NGな露出」を紹介していきます。

それ、逆効果かも…男性が本当は嫌いな「NGな露出」3パターン

肩や背中がガッツリ見える

オフショルダーや後ろが開いているワンピースなど……。

肩や背中が見える服って、よくありますよね。

とくに夏は気温が高いので、露出が多くなるのもある程度は仕方ありません。

涼しげでいいと思う男性もいますが、好きな女性が着ていると心配になる場合があるようです。

彼氏ならまだしも、好きな人に「露出の多い人」と思われるのは嫌ですよね。

胸元が広く開いている

女性らしさをアピールすることはできるかもしれませんが、1歩間違えると軽そうな女だと思われてしまうようです。

自分の好きな女性や彼女が軽い女だと思うと、恋心が一気に冷めるという男性も。

また、職場で胸元の開いたシャツなどを着ていると、常識がないと思われる可能性もあります。

好きな人に安心してもらうためにも、なるべく控えるようにしましょう。

短いパンツやスカート

ファッションとして露出することの多い太ももですが、あまりに短すぎるのは、男性からは好まれないことが多いようです。

あまりにも丈が短いと「若々しすぎない……?」と思われる場合があります。

また、彼氏からすればずっとヒヤヒヤして気が気じゃない状態です。

丈の長いスカートやスラッとしたパンツで、大人の女性らしさをアピールするのもいいかもしれません。

露出は控えめに

軽い女だと思われたり彼氏を不安にさせたりと、露出のデメリットはいろいろあるみたい。

暖かくなってきたら涼しげでいいかもしれませんが、程度は考えたほうがよさそうです。

男性を意識した服装ではなく、あなたらしい服装を楽しんでくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)