気になる人ができると、相手が自分をどう思っているのかは知っておきたいところ。

とはいえ、どこに注目すればいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

今回は、男性が本命とのデートでしないことをご紹介します。

当てはまったら脈なし?男性が「本命とのデート」ではしないこと

食事中にスマホをいじる

デートでは、一緒に食事をとることが多いでしょう。

食事中に男性がやたらとスマホをいじるのは、本命だと思われていないからかもしれません。

もちろん、これから2人で行こうとしている目的地を調べたり、仕事の連絡が来たりすることもあるでしょう。

少しだけならまだしも、ずっとスマホから目を離さないようなら、本当に彼でいいのか見極めた方がよさそうですね。

途中で切り上げる

本命の人とのデートは、少しの時間でさえ惜しいものでしょう。

それにもかかわらず、途中で切り上げようとするのは、彼にとっての本命ではないからかも。

相手のことを考えていないための、自己中心的な行動だといえそうですね。

約束の時間に遅れる

男性のなかには、本命とのデートには絶対遅刻しないように行くという人が多いようです。

待っている間にデートプランを練り直したり、新たな情報を探したりすることもあるのだとか。

デートの待ち合わせに遅れて来て、さらに遅刻しても謝らない場合は、彼のなかでのあなたの優先順位や重要度が低いと考えられます。

そのままでは彼に振り回され続けるだけかもしれませんよ。

手抜きの身だしなみ

デートでは、いつも以上に服装や髪型、持ち物に気を遣う人が多いのではないでしょうか。

そんななか、デートなのにだらしない服装や髪型で来る男性もいるみたい。

それは「この子は俺に気がある」もしくは「気合いを入れるほどではない」と思っている気持ちの表れかもしれません。

見極めがポイント!

デートでの男性の振る舞いを見れば、なにかわかることがあるはず。

きちんと彼のタイプを見極め、このまま幸せになれるのか考えてみましょう。

今後の関係について見つめ直すのもいいかもしれませんね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)