仕事が忙しいと、どうしても会う時間がなかったり、連絡も少なくなったりしてしまいます。

多忙な彼のために、なにかしてあげたいと思う女性も多いでしょう。

そこで今回は、忙しい男性が「彼女にされてうれしい」ことを4つご紹介します。

愛が深まる♡多忙な男性が「彼女にされたらうれしい」4つのこと

美味しいものをふるまう

家に持ち帰りで仕事をしていたり、夜遅く帰宅したりする彼にはこれがおすすめ。

無理に手作りする必要ははありません。

むしろ「せっかく作ったんだから食べてよ」というプレッシャーにならないよう配慮するのも大切なポイントです。

手作りの場合は、小分けしてタッパーに入れておくなど、必要なときにすぐ温めて食べられるものがグッド。

サンドイッチやおにぎりなど、作業しながらでもつまめるものも喜ばれます。

また、不足しがちな野菜を美味しく食べられるものなら、彼の健康を気遣う気持ちも伝わってさらに好感度アップ。

マッサージをする

多忙な男性と一緒と過ごすときは、疲れのたまりがちな彼にマッサージをしてあげると◎

肩がこっていたり、足がむくんでいたりと、簡単にほぐせる場所はたくさんあります!

お風呂上がりや休憩中に、リラックスしてもらいましょう。

自分で自分のマッサージをしてみて、気持ちいいところを探しておくと、やりやすくなりますよ。

プレッシャーをかけない

多忙な男性と付き合うなら、「忙しいことを責めない」のは鉄則です。

「仕事し過ぎだよ!」「心配なの!」「そこまでしなきゃいけないの?」などはすべてNG。

こちらは心配しているつもりでも、彼にとっては責められていると感じることもあるでしょう。

忙しい日々にうんざりしていて、誰よりも休みたいのは、他の誰でもなく彼。

「いつもお疲れさま」「できることがあったら言ってね」という言葉で十分心配は伝わります。

返信を求めないLINE

会えないからといって、長文のメッセージを送ったり、何度も連絡したりするのも避けるべき。

ただ、男性のワガママなところでもありますが、まったく連絡がないのも寂しいのだとか。

「寒いからあったかくしてね」「お疲れさま。無理しないでね」など、彼をねぎらいながらも、返信が不要なLINEを送ってみましょう。

多忙な彼がそのLINEに気づくのは、何時間も経ってからだったりもします。

そのときに「あ~返さなきゃ……」と思わせないような気遣いこそ、優しさですよ。

彼を見守ってあげて

そっと見守ることは、簡単なようでとても難しいことです。

好きな男性が忙しくて会えないと寂しいけれど、つらいのは彼にとっても同じ。

そんなつらい時期を乗り越えた2人だからこそ、いっそう愛も深まるものです。

彼が多忙なときこそ、会いたくなるような彼女を目指してみませんか?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)