どんな男性から誘われたときでも、まずは一度疑ってみた方が安全かもしれません。

誠実そうな男性でも、遊び目的で誘ってくるのは十分ありえることです。

できることなら、誘いに乗ってしまう前に見極めたいですよね。

自分の身は自分で守るべし!ということで、「遊び目的の男性のデートの誘い方」の特徴を紹介します。

自分の身は自分で守ろう!「遊び目的」の男性のデートの誘い方4選

場所が彼の自宅近く

「狙ってる女性は、とりあえず家の近所のバーとかに誘います。

最初から家に招くのはハードルが高いですが、ちょっと酔ってるときなら案外簡単にいきますね」(29歳男性/イベント)

初デートで彼の自宅に行くのは、少し危ない選択ですよね。

しかし飲んでる場所からさほど距離が遠くなければ、流れでそうなってしまうことも。

「家近いけど、寄ってく?」とサラッと言われたら、ついOKしてしまうかもしれません。

デートの前に、彼の最寄り駅ぐらいは知っておきたいものですね。

夜しか会えないと言ってくる

「仕事とかを理由にして、遅い時間にしか会えないことをアピールします。

やっぱり夜の方がムードもあるし、終電を逃したらそういう流れにしやすいですよね」(32歳男性/IT)

終電の時間は、デートにおいて1つの区切りになるものと言えます。

家に帰れなくなれば、嫌でも彼と一晩過ごさなくてはいけなくなるかもしれません。

だから遊び目的の男性は、遅めの時間からのスタートを狙うことがあるようです。

あなたが相手の男性と「ちゃんと付き合いたい」と思っているなら、気軽にランチデートから始めてみてください。

いろんなお酒があるお店に行く

「やっぱり、お酒の力に助けてもらうのが1番ですね。

見た目がキレイだったり、好みの味だったり、いろんなお酒がある店がオススメですね。

お酒が好きじゃなくても、つい飲みたくなりませんか?」(26歳男性/食品)

お酒が入ると気分が高揚することも多く、ガードがゆるくなりがちなのかもしれません。

男性にとっては、そこが狙い目なのでしょう。

お酒の力を借りて、判断力を鈍らせようとしているようです。

お酒が苦手な女性に「飲んでみようかな」と思わせるよう、お酒の種類が豊富なお店を選ぶことがあるんだとか。

カウンター席に隣同士で座る

「面と向かって飲むのは、女性との距離が遠くなるので嫌です。

僕の場合は、最初からカウンター席しかないお店を選びます。

距離が近くなると、そういう雰囲気になりやすいですよね」(28歳男性/建築)

横並びの席であれば、肩や腕、背中や腰などに手が届きやすくなります。

心理的、物理的な距離を一気に縮めようとする男性には注意が必要です。

誠実な男性なら、適度な距離を保って相手の目を見て話そうとするでしょう。

カウンターなど横並びの席しかないお店に誘われたら、ちょっと警戒してもいいかもしれません。

遊ばれない女性になるために

「好きな相手と一緒にいれるなら……」と考えて行動すると、あとで傷つくことになるかもしれません。

本気の恋愛をしたいなら、誠実な関係を保つことが大切です。

「遊ばれない女性」になるために、自分で自分を守ってくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)