大好きな彼氏とのデートで、解散前になると寂しくなって「今日は帰りたくない!」なんて思うことはありませんか。

そういうときは、あなたの気持ちを彼に伝えてあげてください。

彼氏も案外乗り気で、そのままお泊りに……なんて流れにもなりそうです。

今回は、「お泊りデート」へのかわいい誘い方を3つご紹介します。

もっと一緒にいたい!男性を「お泊りデート」に誘う方法とは

「もっと一緒にいたい」

彼とまだ一度もお泊りデートしていないと、なかなか「お泊りデートして!」とは言いにくいですよね。

そんなときはストレートに「お泊りしたい」と言わずに、ニュアンスで伝えてみてください。

彼に思いっきり甘えたりすねたりしながら、「もっと一緒にいたい」というと、彼のほうも「お泊りしたいのかな? していいのかな?」と思うはずです。

その日のうちにお泊りとはならないかもしれませんが、「じゃあ、金曜日の夜に家に来る?」「今度、どこか旅行する? 」と具体的な話をしやすい雰囲気になるでしょう。

「飲みすぎちゃった」

外で彼と食事をして飲んだあとに、自然と誘うのに効果的な言葉です。

多くの男性は酔った彼女を家まで送ったあと、そのまま放置して帰ることはないでしょう。

わざと彼の終電時間まで家に引き止め、泊まらざるをえない状況にするのもありかもしれません。

彼とそれなりに関係が進んでいるのであれば、「お酒を飲んだせいかな、イチャイチャしたい」と少し大胆に誘ってみてもよいでしょう。

少しうるんだ上目づかいで女性から誘われると弱いという男性意見もあるので、ぜひ意識してみてくださいね。

「帰らないで」

付き合いはそこそこ進んでいて、お互いの家にも何度か行き来しているカップルなら、「お家デートからお泊り」の流れがおすすめです。

誘う口実は「今度いっしょに鍋パーティしない?」「スポーツ観戦しない?」「観たい映画があるんだけどいっしょに観ない?」など、相手が気負わない程度の理由ならばなんでもOKです。

お家デートで一緒に夜ご飯を食べるという流れをつくっておけば、彼のほうも「もしかして」という心の準備ができるかもしれません。

楽しく夜ご飯を食べ、スポーツ観戦や映画を楽しみ、彼が「そろそろ帰ろうか」となったときに、「……帰らないで」と言ってみてください。

背中に抱きついたり、服の裾をキュッとつかんでつぶやき気味に言ったりすると、ぐっとくる男性が多いようです。

彼の家でのお家デートのときには、「まだ帰りたくない」バージョンになります。

悩みすぎず素直に誘うのもあり

お泊りデートしたい女性の、かわいい誘い方を紹介しました。

ちなみにかわいい誘い方に限らず、彼女からストレートに「お泊りしたい! 」と言われるのも大歓迎と考えている男性も多いです。

あまり悩みすぎず素直に誘ってみると、案外うまくいくかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)