好きな人との心の距離を縮めるのに便利なLINE。

しかし、なかなかLINEが盛り上がらない、メッセージを送るのが苦手、という女性もいるでしょう。

そこで今回は、男性がうれしいと感じるLINEについてご紹介します。

短くてもOK!男性が「もらってうれしいLINE」とは

写真付きのLINE

親しい関係なら「〇〇に行ったよ!」と、写真付きのLINEを送るのがおすすめです。

「写真が送られてくる=好感を持たれている」と実感する男性も多く、あなたが写っている写真を送ることで、彼が「会いたいな」と思ってくれる可能性も。

ただし、親しい関係性がまだ築けていない時点で写真を送ると、引かれてしまう恐れもあります。

あまりにひんぱんに送るのは避け、たまに送るのが効果的です。

ユーモアにあふれている

堅苦しい内容は、ビジネスライクに感じたり距離を感じたりするもの。

冗談を交えたりツッコミどころがあったりする、ユーモアあふれる内容のほうが親近感が生まれ、受け取った男性も楽しくなります。

ユーモアを言葉に表現するのが苦手なら、スタンプをうまく活用してみるのもひとつ。

ちょっと愉快なスタンプや、彼好みのものを探してみましょう。

頼るLINEでプライドを刺激

自分の得意とすることに対して頼られると、男性はうれしいし張り切ってしまうもの。

「〇〇について教えて!」と彼の好きなものや得意分野に絡めた連絡は、プライドが刺激され、うれしいと感じる男性が多いです。

連絡する用件としても使えるので、連絡のきっかけに悩んだときにも使えるこの技。

LINEの内容に困ったら、ぜひ使ってみてください。

短文で意図がわかりやすい

やりとりの回数を増やそうと、伝えたいことを小出しにしてしまう人もいるかもしれません。

しかし相手によっては「なにが言いたいの?」「反応を試されている」と面倒くさく思われることも。

たとえば「来週暇?」だけ送るのではなく「来週暇?ごはん行かない?」と連絡や質問の意図が明確に分かる内容のほうが、男性には好印象を与えやすいもの。

また、読みやすい短めのLINEを心がけると、返信しやすく自然とやりとりも続きやすくなるようです。

さりげなくほめ言葉を添える

「さすがだね!」「友達がかっこいいって言ってたよ!」など、会話のなかにちょっとしたほめ言葉があると、男性もテンションが上がってあなたとのやりとりが楽しくなるもの。

ただし、あからさますぎると逆効果なので、ほめるLINEを送るというよりも「用件+彼を評価する言葉」を添えるのがおすすめです。

「教えてくれたお店とても良かった!やっぱりセンスがいいね!」といった感じであれば、わざとらしくならずに彼を持ち上げることができるはず。

楽しいLINEで好感度アップ!

男性がよろこぶLINEは、内容がシンプルで、好意が分かりやすいもののようですね。

男性がうれしいと思うポイントを知っておけば、気になる彼との距離を縮めやすくなるでしょう。

LINEを楽しく盛り上げて、恋愛成就を目指していきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)