気になる彼とデートを重ねていい感じだったはずなのに、連絡が来なくなった……そんな経験はありませんか?

もしかしたら、デート中の会話に原因があったのかもしれません。

そこで今回は、印象が悪くなる話題を3つご紹介します。

男性の気持ちが冷める…デート中に避けるべき「NGな話題」3選

愚痴や文句

「初デートなのに延々と会社での愚痴を聞かされて困ったことがあります。
『同じチームの子が、始業ギリギリに来るのに全然怒られなくてずるい』とか話されたけど、正直『いま話さなくてよくない?』って思いました。
せっかくのデートだから、もっと楽しい話をしたいですね」(25歳男性/不動産)

貴重なデートの時間を、愚痴で浪費するのはよくありません。

ついつい彼に愚痴を聞いてほしいと思うこともあるかもしれませんが、デート中は明るい話をした方がいいしょう。

悪口や文句ばかり言う人は印象が悪いですし、せっかく楽しい雰囲気が壊され、男性はうんざりしてしまいます。

話題に困ったからと言って愚痴に走らないように気をつけましょう。

お金について

「ファッションやインテリアをほめてくれるのはいいけど『それいくら?』『家賃どれくらい?』と、値段ばっかり聞いてくる子はちょっと下品だし、感じ悪いと思います」(28歳男性/金融)

デート中にお金の話をされるのを、男性は嫌うようです。

ものの値段を過剰に気にしたり、彼の収入を探るような質問をしたりするのは避けましょう。

また、年下の男性に「私のほうが稼いでるし、出すよ」などと言っておごろうとするのも場合によってはNG。

男性は女性に対して、見栄を張りたいものですから、相手を立てることを忘れないようにしましょう。

過去の恋愛話

「飲んでる間ずーっと、その子の元カレの話をされたときは『未練あるんだな』と思いましたね。
過去とはいえ、ほかの男の話をされていい気分になる男性はいないと思います」(26歳男性/教育)

浮気された話や元カレの悪口など「過去の恋愛」の話は、男性を不愉快にさせる切り口ばかり。

避けた方がいい話題といえるでしょう。

単純にほかの男性の話は聞きたくないと思ったり、「自分は恋愛対象として見られていない」と誤解したりすることも。

恋愛の話をすることで、お互いを意識し出すことは大いに考えられますが、リアルな経験談は逆効果になりそうです。

楽しい話題を心がけて

なにげなく口にしてしまいがちなこれらの話題ですが、男性の気分を損ねてしまいがちです。

今回紹介したことを頭に入れ、男性に好まれない話題は避けるようにしましょう。

ぜひ楽しい話題で、彼と良好な関係を気づいてくださいね!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)