スキンシップは彼との愛を確かめ合う大切な行為です。

「彼とスキンシップをしている時間が一番幸せ」と感じている方も多いでしょう。

それは男性も同じ……なのですが、男性が「彼女としたい」と思うスキンシップの内容は、女性とは少し異なることもあるようです。

今回は、20~30代の男性に「彼女としたいスキンシップ」について聞いてみました。

温もりを感じたい!「寝起きのギュッ」

「朝目が覚めたらすぐに、隣で寝ている彼女を抱きしめたい!夢うつつのなかで、あったかくて柔らかくて、そしてすごくいい匂いの彼女をギュッとすると、ものすごい癒やされますね」(25歳男性/メーカー)

目が覚めてすぐ、隣にいる彼女をハグしたいという男性も。

少し寝ぼけている状態でギュッと抱きしめ合い、のんびりした時間を堪能したいのだとか。

しっかり目が覚めているときのハグよりも、気持ちよくて好きという意見もありました。

子どもみたいに甘えたい!「膝枕で耳かき」

「彼女ができたら絶対にやってもらいたいことの一つが、膝枕で耳かき。

ちょっと古臭いかもしれないけれど、『俺の女』って感じがしてすごく幸せな気持ちになれそうだし、新婚気分を味わえそうな気がします。耳かきしてくれる彼女、募集中です!」(26歳男性/公務員)

耳かきは、信用している相手でないと頼みにくいですよね。

男性が耳かきをおねだりするのは、「あなたを心から信頼していますよ」という気持ちの表れなのかもしれません。

膝枕で癒やされたいけれど、ただ膝枕だけをしてもらうのはなんとなく気が引けるという理由で、耳かきをお願いすることもあるようです。

もっと親密になりたいから…「一緒にお風呂」

「やっぱり一緒にお風呂に入ることかなぁ。なんとなく心も裸になれるから、普段はできないような話ができて、ますます仲が深まる気がします」(29歳男性/アパレル)

彼女と一緒にお風呂に入りたいという男性心理には、ゆっくり色々なことを語りたい、お互いの疲れを癒やしたいというものもあるようです。

いい香りの入浴剤を入れたり、キャンドルをたいたりしたお風呂で、時間を忘れてまったりすれば、2人の愛はさらに深まるはず。

「お風呂は1人でゆっくり」派の方も、たまには彼とのバスタイムを楽しんでみませんか?

癒やしを求めているのかも

男性が憧れるスキンシップの数々、その共通点は「癒やし効果のあるもの」でした。

それだけ彼女に癒やしてもらいたいと思っている男性が多いようですね。

彼とスキンシップを取る機会があれば、「いつもお疲れ様」と一言添えてあげるのもいいかもしれません。

(愛カツ編集部)