話していて楽しい女性は、男性からの好感度が高くなりやすいもの。

とはいえ、会話を盛り上げるためには面白い話をしなきゃ……とプレッシャーに感じる女性もいるかもしれません。

でもじつは、会話を楽しんでもらうための方法は、自分が頑張って話すことだけじゃないんです。

そこで今回は、男性がもっと話したくなる会話のコツをご紹介します。

ずっと話したい♡男性との会話を盛り上げるコツとは

相手の話を最後まで聞く

会話をするうえで、「相手の話を最後まで聞く」というのは大事なポイントです。

話を途中でさえぎられたり、話の腰を折られたりすると、それ以上続ける気になれなくなるし、イラ立ちや怒りを感じることもあるでしょう。

やりすぎれば「もうこの子とは話したくない」という気持ちにさせてしまう可能性も。

自分の言いたいことを最後まで話せたときに、人は満足感を得るもの。

「ちゃんと最後まで話をさせる」というのも、会話では大切なことですよ。

「ながら聞き」をしない

話をしていて不快に感じるのが、「ながら聞き」をされること。

スマホをイジりながら、テレビを見ながらといった状態で話を聞かれても、「聞く気がないんだろうな」という気持ちになるでしょう。

作業中に話しかけられたとしても、一度手を止めて姿勢を男性に向けるようにすると、「あなたの話を聞く気持ちがある」ことをはっきりと示せます。

それは「自分を受け入れてくれている」とも感じられる行動なので、男性は「いろいろなことを話したい」という気持ちにもなるはずですよ。

大きく共感する

自分の話に共感してもらえると、話していて気持ちがいいものですよね。

それは男性も同じで、考え方やセンスが近い感覚にもなるので、そのあとも気軽に話しかけやすくもなるでしょう。

気になる男性と近づく秘訣として、「それ、すごく分かります」など、「共感」は大きく表現するとグッと距離が縮まるはず。

「相手自身」に関心を持つ

気になっている男性の話を聞くときは、話をしているその人に関心を持っていることを示せるかが重要になります。

興味がある話にだけ関心を示すのでは、男性も自分自身に好意を持っているとは感じないでしょう。

だからこそ、自分が興味がない話であっても聞く姿勢を見せるのは、とても大事なことです。

「話し甲斐」がある女性だと感じてもらえたら、男性の「話したい気持ち」も高まるはず。

彼が話したくなる子になろう

きちんと話を聞く姿勢を見せられれば、それだけで好印象になるはず。

また、「自分の」話をよく聞いてくれる女性のことは、男性も意識してしまうでしょう。

気になる男性に近づく大きな一歩にもなるので、まずはそこから意識してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)