気になる男性から「いい子だな」と思われたくて、いろいろなアピールをする女性は多いはず。

相手を知るには会話は欠かせませんが、男性が好印象を抱く女性の会話は、どんなものなのでしょう。

そこで今回は、男性に「この子、いい子だな」と思われる会話のコツを4つご紹介します。

会話で好印象♡男性に「この子、いい子だな」と思われる4つのコツ

将来を想像できる家族の話題

男性の多くは、目の前の女性に対して「いい子だな」と思うとき、相手の人間的な魅力に注目しているよう。

「結婚=家族」と考える男性も多いため、女性が家族の話題を楽しそうに話していたり、自分の家族を大切にしていることが分かったりすると、男性は心が温かくなるもの。

家族の話題を出せば、ポジティブに話す姿に母性を感じ、自然と「いい子だな」と思ってもらえるはずです。

明るい将来を想像できる女性のことは、男性も意識してしまうでしょう。

誰かを助けたエピソード

電車で座席を譲った、荷物を持ってあげたなど、困っている人を助けたエピソードは「いい子」の印象をダイレクトに与えることができます。

こういった話を、押しつけがましくするのはNGですが、会話の流れで誰かに親切にしたエピソードを出せるといいですね

他にも、心温まる話に感動したことなど、普段から優しい気持ちで物事に接していることが伝わる話題も、好印象を与えられるでしょう。

男性が話した内容を覚えている

「男性を立てる」テクニックを使えば、気になる男性との仲を縮めやすいでしょう。

たとえば、「この間○○がいいって言ってたよね?やってみたらホントうまくいってさ~」という話をすれば、男性はすごくうれしくなるみたい。

直接のアドバイスがなくても、「この前話してた○○、役に立ちそうだからメモっておいたよ」「すごく面白い話だったから、帰ってから思い出して、何度も笑っちゃった」などでもOK!

自分の話を覚えてくれている女性には、「興味を持ってくれているのかな」と意識するはず。

失敗から学んだ話

人間誰しも失敗することはあります。

しかし、それを誰かのせいにしたり、イライラした話として伝えると、マイナスイメージになってしまいます。

自分の失敗談に「こんなこともあるんだなって勉強になった」など、その経験から学んだことを加えれば、印象をよくすることができます。

失敗をネガティブにとらえすぎず、成長したエピソードにできれば、健気に努力する素敵な女性と思ってもらえるでしょう。

印象アップで距離を近づけて!

男性からの印象がよくなれば、自然と距離が近くなっていくでしょう。

つまり、女性にとっても、目の前の男性が本当はどんな人なのかを見抜きやすくなるということ。

会話の中で好印象を与えて、素敵な男性を見つけましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)