計算女子

誰にでも、「裏の顔」「表の顔」はあるもの。

他人の知らなかった一面を見ると、「だまされた」や「知らなかった」と驚くこともあるかもしれません。

しかしあなた自身にも、そんな意外な一面が備わっている可能性も。

今回は、星座別に、「二重人格度」をご紹介します。

まずは前編として、おひつじ座からおとめ座までの発表です。

【前編】星座占い!あなたの「二重人格度」は何パーセント?

おひつじ座(3/21~4/19)

【二重人格度10%】

いつでもどこでも自分らしくいたいおひつじ座は、誰の前でも自分を隠すことはできないタイプ。

ただ、純粋で素直だからこそ、相手を傷つける言葉をさらっと言ってしまうことも。

言いたいことや思っていることが顔に出やすいので、二重人格度は低めです。

おうし座(4/20~5/20)

【二重人格度35%】

おうし座のシンボルは牛です。

牛には、とても大人しく、ゆったりとしたイメージがあるでしょう。

しかし、闘牛士が赤い旗を振ったときの様子からわかるように、じつは怒らせると怖い存在でもあります。

がまん強く穏やかですが、怒ると豹変するタイプだといえます。

ふたご座(5/21~6/21)

【二重人格度70%】

明るくて社交的な、ふたご座。

しかし「ふたご」の名前の通り、2つの人格があるとも言われています。

いつもは誰に対してもフレンドリーなのに、心から信頼している人の前では「自分にはなにもない」と暗い発言をしたり、深く落ち込んだりすることもあります。

かに座(6/22~7/22)

【二重人格度15%】

家庭的で優しい、かに座。

誠実で裏表のない人と思われているでしょう。

ただ、周囲が「なんでも受け入れてくれる、やってくれる」と甘えてばかりいると、「なんで自分だけ?」と怒りが湧いてきて、ある日突然そっけない態度を取ることも。

しし座(7/23~8/22)

しし座(7/23~8/22)

【二重人格度20%】

いつも自信満々で、言いたいことを言っている……そんなしし座に、二重人格っぽいイメージを持つ人は少ないでしょう。

しかし実際には、寂しがりやで甘えたがりな面も。

少し子どもっぽいわがままを言ったり、駄々をこねたり。

自信をなくしたときには、とことん落ち込むこともあるはずですよ。

おとめ座(8/23~9/22)

【二重人格度25%】

普段から冷静で落ち着いているため、二重人格的な部分を感じさせることがない、おとめ座。

アクシデントを前にすると、内心ではアタフタしたり、「なんでうまくいかないの!」とヒステリーを起こしたりすることも。

「なにが悪いんだろう」と、自分を責めることもあるようです。

多面性を大切にして

「裏表がある人」に対してあまりいい印象を抱かない人も多いかもしれません。

しかし誰にだって複雑な「表」や「裏」が存在しているものです。

また、その「裏」が悪い面だとはかぎりません。

自分への理解を深めれば、さらに魅力を高めていけるはずですよ。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】てんびん座~うお座の「二重人格度」は?