誰にでも、「裏の顔」「表の顔」はあるもの。

他人の知らなかった一面を見ると、「だまされた」や「知らなかった」と驚くこともあるかもしれません。

しかしあなた自身にも、そんな意外な一面が備わっている可能性も。

今回は、星座別に、「二重人格度」をご紹介します。

前編に引き続き、てんびん座~うお座までの発表です。

【後編】星座占い!あなたの「二重人格度」は何パーセント?

てんびん座(9/23~10/23)

【二重人格度45%】

てんびん座のシンボルは、文字通りの天秤。

バランスを取るのが上手なので、二重人格的なところはないと思われがちです。

ただそのバランスは、ちょっとしたことで崩れることもあります。

そんなときに、マイペースで自己中心的な一面が出てしまうかもしれません。

さそり座(10/24~11/21)

【二重人格度55%】

さそり座は、仲良くなるまでは本音を出さないタイプ。

打ち解けるにつれ「え?こんなところがあったの?」と驚かれることも多いかも。

星座のシンボルのサソリは、怪力で知られる男・オリオンをも倒す力があります。

さそり座も、そんな隠された強い力を持っているのです。

いて座(11/22~12/21)

【二重人格度60%】

いて座のシンボルはケンタウロス。

人間の知性と動物の本性が同居していて、知的なのに衝動的な行動をしてしまうのが特徴です。

「これ欲しい!」とよく考えずに購入して、翌日には「なんでこんなもの買ったんだろう」と後悔したこともあるでしょう。

でもそんな冒険心の裏には、意外と小心者なところもあるのです。

やぎ座(12/22~1/19)

【二重人格度30%】

温厚で社会常識を重んじる、やぎ座。

堅実で地道なイメージを持つ人も多いでしょう。

表の顔はその通りの真面目さがありますが、裏の顔はちょっと違うみたい。

じつはとても野心家で情熱的なのですが、そんな姿はごく一部の人にしか見せないようです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座(1/20~2/18)

【二重人格度40%】

独特の考えやアイディアを持つ、みずがめ座。

基本的にフレンドリーで気さくなタイプです。

「なるようになるさ」とあまり気にしないところがありますが、じつは超神経質な裏の顔を持っています。

思い通りにいかないとイライラするなど、急変することもあるかもしれません。

うお座(2/19~3/20)

【二重人格度80%】

かわいらしく甘えたがりで、みんなから愛されるうお座。

気を引こうとしてわがままを言ったり拗ねたりしますが、願いが叶うとパッと笑顔になって、相手のために尽くすことも。

態度がコロコロ変化するので、「どっちが本当の顔?」と混乱する人がとても多いでしょう。

多面性を大切にして

「裏表がある人」に対してあまりいい印象を抱かない人も多いかもしれません。

しかし誰にだって複雑な「表」や「裏」が存在しているものです。

また、その「裏」が悪い面だとはかぎりません。

自分への理解を深めれば、さらに魅力を高めていけるはずですよ。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座のあなたの「二重人格度」は何パーセント?