気になる男性と付き合い始めても、つねにお互いイライラしていては意味がないですよね。

できることならこれを最後の恋にして、結婚まで考えたい女性もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、結婚後もうまくいく「平和カップル」の特徴を3つご紹介します。

結婚後もうまくいく♡ケンカが少ない「平和カップル」の3つの特徴

「報・連・相」を忘れない

付き合っている間はもちろん、結婚してからも大事になってくるのが「報・連・相」。

「仕事のことは関係ないし」「帰りが遅くなるけれど、連絡するの面倒くさい」などと感じるようなら、相手を思いやれていないのかも。

相手を不安にさせることに思い至れないと、ケンカの原因が増えてしまい、別れる可能性も高くなるでしょう。

「この人は隠しごとをしない」という安心感がある相手なら、自然と交際の先の関係、結婚にも結び付きやすくなりますよ。

将来設計ができている

たとえば、彼女は結婚したいけれど、彼氏は結婚願望がないとなると、いまはラブラブでも、いずれ別れてしまう可能性は高いでしょう。

一方、2人が同じ方向を見ていると、そこに向かって努力できるし、逆算していまなにをしたらいいか考えやすくなります。

彼との交際が長くなってきたのであれば、一度お互いの未来像をすり合わせておくといいでしょう。

やましい言動は一切とらない

どちらかが「これくらいなら浮気にならないでしょ!」と、相手の気持ちではなく自分の欲で行動するカップルは、ケンカになりやすいでしょう。

でも、相手を思いやらない勝手な行動の繰り返せば、どんどん信頼を失っていくものです。

一方で平和カップルは「これをしたら相手は嫌がるだろうな」と、自分ではなく相手の気持ちを考えます。

そのため、基本的に相手が不安になりそうな、やましい言動はとらないもの。

同窓会があるなら事前に伝える、帰りが遅くなるときは時間を連絡するなど、こういう誠実さが、ケンカとは無縁のポイントのようです。

仲がいいのには理由がある!

付き合っていくうえで、2人の相性は大事なポイントでしょう。

でもどんなに相性がよくても、お互いが嫌な思いをしないように相手を思いやれないのでは、いつまでも仲良しとはいきません。

「相手を失いたくない」と思うなら、誠実な行動や工夫が必要ですよね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)