好きな男性と一緒にいたら、手をつないだり腕を組んだりして歩きたいと思う女性は多いのではないでしょうか。

じつは、男性の方も「手をつなぎたい」と思いつつ、自分からはアクションを起こせずにドキドキしているようですよ。

そこで今回は、男性が手をつなぎたいと思っているときに見せるサインを3つご紹介します。

勇気が出ないだけ!男性が「手をつなぎたい」ときに見せる3つのサイン

手を見つめる

「気になる子と夕飯を食べに行ったときに、『キレイだなーいつか手つなぎたいなー』って思いながら、テーブルの上に出ている彼女の手をけっこう見つめちゃってましたね」(33歳男性/店舗設計)

食事中や映画館など、座っているときでも「手をつなぎたい」と感じる男性は多いようです。

彼の視線を手に感じることがあるなら、それは彼が「手をつなぎたい」と思っているサインかもしれません。

物を渡すときにさりげなく触れたり、話しているときに腕をポンッと叩いてみたりと、さりげないボディタッチをしてみてはいかがでしょう。

バッグを持つ

「気になる女性と一緒に歩く機会があって、手をつなぎたいと思ったんですけど、彼女がハンドバッグを持ってるからつなげないわけですよ。でも勇気がなくて、唯一言えたのは『カバン持つよ』だけ。

心のなかでは『だから俺と手をつなごうよ』ってつもりで……。これだけじゃ単なるカバン持ちになっちゃうかなって思ったけど、察してくれたのか、彼女の方から手をつないできてくれてうれしかったです」(28歳男性/建築)

手をつなぐために、女性の持っているカバンを持ってあなたの手を空けようというアイディアです。

もし「カバン持とうか?」と言われたら、遠慮せずに「ありがとう!」と言って持ってもらうとよいですね。

荷物を持たせるのは嫌という場合は、気になる男性と歩くときに、自分の荷物を持ち替えて、男性側の手を空けておくのもひとつの方法ですよ。

手の甲に触れる

「仲の良い女友達で気になっている子がいるんですけど、なかなか友達関係から進めなくて悩んでました。この前一緒に歩いているときに、思い切って何回か手の甲にそっと触れてみたんですよ。

彼女は照れくさそうだったけど嫌ではなさそうだったので、次こそは手をつなごうと思ってます」(21歳男性/学生)

手の甲にそっと触れてくるのは、かなり明確な「手をつなぎたい」サインですよね。

でも、男性の方から手をつなぐまでの勇気はまだないのかもしれません。

手の甲が何度も当たるようであれば、あなたの方からもアクションを返してみてもよさそう。

親指だけ握ってみるなど「私もつなぎたいと思ってるよ」という気持ちが分かるようなサインを出してあげてくださいね。

意識してみて

手を見つめたり、手の甲にそっと触れてきたりと男性の「手をつなぎたい」サインはさまざま。

でも、自分から手をつなぎにいくまではもう一歩勇気が必要なようです。

気になる彼からのサインに気が付いたら、あなたの方から思い切って手をつなぎにいってみてもいいですね。

(愛カツ編集部)