本当に好きな相手だからこそ、愛情を素直に伝えるのって難しいですよね。

しかしきちんと言葉にしないと、自分の思いはいつまでも伝わらないままです。

直接的な言葉じゃなくても、思いを伝える方法があります。

今回は、好きな人に「愛情が伝わる言葉」をご紹介します。

告白とは一味違う!好きな男性に「愛情が伝わる言葉」3選

マンネリ化してきた恋人には…

「彼女と付き合い始めて1年くらい経った頃、近場のデートスポットは行きつくしてマンネリ化してきたなって焦ってました。

だけど彼女が『なにもしなくても一緒にいるだけで楽しい』って言ってくれて、まだまだ一緒にいたいと思いました」(28歳男性/営業)

交際期間が長くなれば、新鮮みも薄れてマンネリ化するのはしょうがないことでしょう。

そんなときこそ、「なにもしなくても楽しい」と言ってみてください。

そうすることで、「あなたとの今の関係が好き」ということを伝えられるはずですよ。

男友達には…

「大学時代から友達として仲よくしてた女子から、『〇〇君と一緒にいると安心するな』って言われて、キュンとしました。

そこから意識するようになって、付き合うことになりました」(26歳男性/経理)

自分に心を許してくれる相手には、好感を抱きやすい傾向があります。

そのため、「一緒にいると安心する」というフレーズは、男性の恋愛スイッチをオンにできるのです。

「やっぱり〇〇君と一緒にいるときが、1番ほっとする」や「いつも安心させてくれるよね」なども効果的ですよ。

「好き」と言わなくても、愛が十分伝わるでしょう。

職場の人には…

「この前、職場の後輩に『〇〇さんのこと、人として尊敬してます』って言われました。

そんなの言われたらすっごいうれしいし、その子のこと気になっちゃいますよね」(33歳男性/公務員)

「尊敬してる」と言われてうれしいと思う男性は多いです。

「仕事への熱意を尊敬しています」や「誰にでも誠実な姿勢を尊敬しています」など、具体的にどの部分を尊敬しているのかも伝えるとより効果的です。

「俺のこと見ててくれてるんだな」と思い、さらに感動してくれるでしょう。

大切な人には…

自分の気持ちを素直に言葉にするのは難しいですが、伝えようと努力することが大切です。

「言わなくても分かるでしょ」と思ってなにもしないと、彼はどんどん不安になってしまいます。

これからもずっと一緒にいたい相手には、きちんと思いを伝えてみてくださいね。

(愛カツ編集部)