男友達には、ある程度心を許してなんでも話したくなっちゃいますよね。

しかし度が過ぎた行動をすると、引かれて疎遠になることも……。

また、そのウワサがあなたの友達や好きな人にまで届いてしまうかもしれません。

そこで今回は、男性が女友達に対して「縁を切ろうと思った瞬間」を紹介します。

それはさすがに…男性が女友達に対して「縁を切ろうと思った瞬間」

彼氏がいるのに…

「付き合っている彼氏がいるのに、なぜかしつこく電話をしてくる女友達がいる。

なにがしたいのかサッパリ分からないし、彼氏さんもかわいそう」(24歳男性/広告)

「相手に彼女がいるけれど、どうしても好きだから連絡してしまう……」というのであればまだ理解できるでしょう。

でも自分には彼氏がいるのに、しつこく男友達に連絡をするのはかなり謎な行動。

男性が「え?俺ってキープされてるの?」と不快になるのも当然でしょう。

男好きだというウワサが流れてしまうかもしれません。

みんなの前で…

「サークルの飲み会で、『○○君ってそういうところがダメだよね~』といきなり言ってきた子がいました。

多少お酒が入っていたとはいえ、普通にムカつきましたね」(21歳男性/大学生)

大勢がいるなかで悪口を言われるのは、誰だって嫌ですよね。

とくに男性のなかにはプライドが高い人も多いので、たった一言で嫌われてしまう可能性が。

その様子を見た周りの人も、あなたによくない印象を抱くでしょう。

相談したときに…

相談したときに…

「悩みに悩んで転職を決めたのに、女友達から『もっと将来のこと考えなよ!』とキレられました。

友達には味方でいてほしかったのに……」(25歳男性/営業)

「相手のためを思って……」という気持ちあるでしょうが、友達ならば励ましてあげることも大事でしょう。

正論を言うのはいいことですが、まずは決断をしたその勇気をほめてあげてください。

相談されるというのは信頼の証ですから、そんな彼を傷つけないようにしましょう。

友達を大切に

「べつに彼氏じゃないしな……」と思って雑に扱ってしまうと、いろいろなものを失ってしまうかもしれません。

信頼できる相手でも、尊敬の気持ちはつねに忘れないようにしましょう。

つまらないことで疎遠にならないように、注意してくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)