恋愛においては、あらゆる面で「相性のよさ」がかなり重要になってきます。

とは言え、もともと違う人間ですから、どうしても合わないところもありますよね。

だからこそ、好きな人と相性がバッチリ合うところが見つかるとうれしくなるもの。

そこで今回は、彼が彼女と「相性バッチリかも……!」とひそかに舞い上がっている瞬間をご紹介します!

これを参考にして、意中の彼に相性のよさをアピールしてみませんか?

男性に聞く!彼女と「相性がいい」と嬉しくなる瞬間

楽しいと思うタイミングが一緒

「デートの帰り道に、今日楽しかったことを振り返りながら、『○○がおいしかったよね~!』『あ、○○がとくに』『そうそう!』なんて共感できると、相性いいなと感じます!」(29歳男性/会社員)

デートはカップルにとって特別な時間。印象に残っていることが同じだったら、「やっぱり俺たち相性がいい」と感じてもらえるもの。

とはいえ、感想を共有しなければ実感できません。

おいしいもの、楽しかったこと、感動したこと……。

ぜひ、デート中のひとつひとつの出来事を大切にして、具体的に彼に伝える習慣をつけてみませんか?

笑いのツボが一致している

「おうちデートのとき、テレビを見ているんですが、笑うところ・タイミングが同じなんですよね。同じタイミングで笑えるってなんか安心します。」(32歳男性/建設業)

なにがおもしろいと感じるか、どのタイミングで笑えるかは意外と重要。

だから自分がおもしろいと思ったことは、素直に笑ってOKです。

ときには、自分はとくにおもしろいと感じないのに、相手はツボにハマって爆笑している、なんて気まずい瞬間もあるでしょう。

そんな気まずい空気を回避するには、日頃から彼がなにをおもしろいと感じているのか、その理由を考えてみて。

そうすれば自分のツボとは合わなくても、彼の感性を理解して微笑んであげることができるはずですよ。

違う視点で見られると考える

「もっと○○だったらいいのに、と思えるものでも、『見通しがいいから安心できる』とか『小さな子どもには安全かも』など、違う視点でコメントしてくれる彼。

自分にないものを補ってくれる気がして、相性いいのかなって思えます」(34歳男性/警備員)

同じである=相性がいい、とは限りませんよね。むしろ「正反対だからこそ相性がいい」という場合もあります。

この男性のように、違うからこそ補い合える、支え合えるというのはとても素敵なこと。

自分に得意なことがあれば、男性であるか女性であるかに関係なく、全力で彼をサポートしてみましょう。

そして、彼と意見や価値観、視点の違いがあるなら、「多角的・客観的に問題に取り組める」とプラスに考えるようにしてみては?

彼との相性を確かめてみよう

相性がいいと感じても、言葉には出さず、心のなかでコッソリ感じていることが多いでしょう。

「ときどき、○○くんと似てるなって思ってるんだ」といって、たまに彼の感じてることを聞き出し、相性を確認してみるのもいいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)