好きな男性から「他の人とはちょっと違う扱い」をされたら、あなたはどう思いますか?

おそらくですが、うれしい反面「どういうつもりなんだろう……?」と、ちょっと考える方も多いと思います。

それは男性も同じで、好きな人の言動は自然と意識するもの。

彼に印象を残せたら「今まであまり興味がなかったけれど、ちょっと話してみたいかも……」と思ってもらえるかもしれませんよ。

そんな、意中の男性をドキッとさせる「特別扱い」には、どんなものがあるのかさっそく見ていきましょう。

思わずドキッ♡男性が喜ぶ「特別扱い」って?

苗字ではなく下の名前で呼ばれる

学生のころは別として、社会人にもなると誰かを呼ぶときは「◯◯さん」と、その多くが苗字呼びになりますよね。

だからこそ、「特別感」を演出するには下の名前で呼ぶことが効いてきます。

苦手な人を、わざわざ下の名前で呼ぼうとする人なんていませんよね。

親しみを込めて下の名前で呼ぶだけで、少なからず「あなたは特別ですよ」というメッセージは伝わります。

もしいきなり下の名前で呼ぶのが恥ずかしい場合は、「〇〇さんって下の名前なんて言うんですか?」「今度から下の名前で呼んでもいいですか?」と、聞いてみるといいですね。

むしろそのほうが、ドキッとしてもらえるかもしれませんよ。

心配してくれた

職場などで「あまり無理しないでくださいね」と声をかけてもらえるだけで、あたたかい気持ちになれるもの。

さりげなく彼にだけプラスアルファの優しさを見せてみましょう。

それが自分だけにされているとわかったら、男性もあなたのことが気になりはじめるでしょう。

もちろんほかの人とあからさまに態度を変えるのはNGですよ!

プレゼントをもらった

女性から旅行のお土産をもらった……それだけで男性はその女性のことが気になり始める生き物です。

だから、旅行へいったときに、気になる人にだけプラスで別のお土産を買ってくるなどすると効果的ですよ。

プレゼントといっても、大げさなものじゃなくてOKです。

何もなくても「これおいしそうだったんで買ってきました!」「よかったら一緒に食べましょう~!」と、差し入れをするのもいいですね。

もしかしたら次回、彼からお返しがあるかもしれないですし、そこから少しずつ関係が深まっていくかもしれませんよ。

2人きりの瞬間が増えたと気づく

2人きりのシチュエーションは、男性の心に刺さりやすいものの1つです。

そういえばなぜか2人きりの時間が増えたような気がする……。

最初は偶然としか思っていなかったとしても、やたらと多くなると嫌でも意識してしまうもの。

それがもし意図的なものであれば、彼も「もしかして俺のこと気に入ってくれているのかな?」と少なからず期待するはず。

とはいえあまりに強引にやりすぎると引かれてしまうことも考えられますので、あくまで自然に機会を増やしていくといいかもしれませんね。

特別扱いで気をつけるポイント

特別扱いもあからさまに周囲と差をつけてしまうと、「人によって性格を変える女子」と思われてしまい逆効果に。

意中の彼からも「執着されているようでちょっと怖い……」と引かれてしまうでしょう。

あくまでさりげなく、ちょうどいい塩梅での差別化を図っていくのがコツですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)