好きな男性とデートしていると、どうしても緊張してしまうでしょう。

それと同時に「もっと私のことを好きになってほしい」「またデートしたいって思われたい」と考える女性もいると思います。

そこで今回は、デート中の会話で男性をドキッとさせる一言を3つご紹介します。

思わずドキッ♡デートで男性に意識させる言葉3つ

「〇〇くんの話、聞きたいな」

ふいに彼女から「〇〇くんの話聞かせて?」と言われると、うれしくなるという男性は多いようです。

彼女との楽しいおしゃべりの中で発せられる「あなたのことを知りたい」という意味のこの言葉。

「自分だけが彼女のことを好きなんじゃなくて、彼女も自分のことを好きなんだ」と再認識できるのでしょう。

LINEや電話越しなど、デート以外のタイミングでも使える便利なフレーズかもしれませんね。

「〇〇くんは、なにが好きなの?」

男性は付き合っている彼女や気になる彼女にこう言われると、即「お前だよ!」と答えたくなってしまうときもあるようです。

とはいえ、そんなストレートには言えない、でもドキドキする……。

目の前の相手のことを、つい意識してしまうのでしょう。

スマートに「君だよ」と言えるような男性は、むしろ女性慣れしている可能性が高いでしょう。

だからこそ不意打ちで言われると、ドキッとするのかもしれません。

「この後、どうする?」

デートの後半に「この後どうする?」と彼女に言われると、ドキッとすることもあるようです。

この言葉のあとは、自分の意見を続けて言わず、彼の言葉を待ってみてもいいかもしれません。

彼は、「彼女に誘われてるのか?それとも、俺の思い違いなのか?」と、あなたのことで頭がいっぱいになるかも。

一方で、男性がこの言葉を言うときは、すでに彼の頭の中に選択肢がそろっていて、「できれば、この選択肢を選んでほしい」と思っている可能性もあります。

そこで彼女が「まだ帰りたくない、けど明日の朝早いんだ」と帰ったとしても、彼は「まだ一緒にいたいと思ってくれていた」とうれしく感じるかもしれません。

「またデートしたい」と思ってもらうために

せっかく好きな男性とデートをするのだから、「次も会いたい」と思ってほしいものですよね。

そのためには、デート中の彼との会話を楽しいものにできるといいかもしれません。

あなたのことを意識させる言葉で、彼をドキッとさせましょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)