「品のある女性」は好印象でモテるとよく聞きます。

しかし「品がいい」とは具体的にどういうことなのか、少しわかりにくいですよね。

一体どんな言動、どんな振る舞いをすれば、男性に「品のある女性」と思われるのでしょうか。

今回は、品のある女性の特徴を5つご紹介します。

これで好印象に!「品のある女性」が持つ5つの特徴

自分に合ったファッションを知っている

どんなにハイブランドの服やアクセサリーを身に着けていても、それが自分に似合っていなければセンスがないと思われてしまいます。

逆に自分に似合うものを理解し、身に着けている人は上品で美しく見えるもの。

高価なものを持たなくても、上品な見た目をつくることはできますよ。

聞き取りやすい話し方をする

声が大きくて早口だと、圧迫感や緊張感、不快感を相手に与えてしまうことがあるでしょう。

反対に、聞きやすい声の大きさと速さ、そしてきれいな言葉遣いができる女性は上品に見えます。

またストレスなく話を聞き取れる声は、コミュニケーションを円滑にすることもできるのです。

周りで「この人の声は聞きやすいな」と思う女性の話し方を真似してみるといいかもしれませんよ。

姿勢がいい

猫背や顔が前に突き出したストレートネックな姿勢は、シルエットが美しくありません。

背筋を伸ばすことで、相手に上品で堂々とした印象を与えることができます。

少し意識を変えるだけで改善できるので、ぜひ日頃から姿勢をよくしておきましょう。

笑い方がきれい

どんなに見た目がよくても、笑い声が大きく、笑う仕草も大げさだと引いてしまう男性は少なくないよう。

上品な女性は、口を抑えて笑ったり、ニコッとかわいらしく笑ったり、きれいな笑い方が自然とできています。

たくさん笑うのはいいことですが、うるさいと思われない笑い方を意識するといいでしょう。

動作に雑音が少ない

頻繁に雑音を出すと、男性にガサツな人だという印象を相手に与える可能性があります。

上品な女性は、ドアの開閉や椅子に座るときなど、細かい動作でほとんど雑音をたてません。

一つ一つの所作を丁寧にすることを心がければ、相手にマイナス印象を与えずに過ごせるでしょう。

「品のある女性」を目指して!

「品がない」という印象は、その人のイメージを大きく下げてしまうポイントです。

すぐに「品のある女性」になるのは難しいですが、意識を少しずつ改善していけば、上品な振る舞いができるようになるはず。

今回ご紹介した内容を参考に、「品のある女性」を目指してくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)