長続きしないのは、どうしても食い違う相性の運命なのかもしれません。

地球と太陽と月、そして自然のパワーが凝縮されている「誕生月」を使って、仲が悪い相性最悪なカップルを10組占います。

まずは前編として、5組ご紹介します。

【前編】誕生月占い・「相性最悪な男女カップル」10選

5月生まれの女性×11月生まれの男性

【進展が見込めない】

慎重で軽い恋愛はできない5月生まれ。

しかし、過去のトラウマや未来の不安を引きずって、それ以上に恋愛に躊躇しがちな11月生まれ。

2人でいても、どうにも暗くなってしまうかもしれません。

悩みを打ち明けることもなく、進展が見込めない2人といえそう。

10月生まれの女性×7月生まれの男性

【じつは仲が悪い】

大人の包容力がある10月生まれと、気の優しい7月生まれ。

お互い一歩引いたようになってしまい、どこか踏み込み合えない関係といえそう。

相手の地雷を探しがちで、気がついてみれば、なんだか気疲れの連続に。

一見穏やかですが、じつは仲が悪いかもしれません。

7月生まれの女性×1月生まれの男性

【なかなか成長できない】

思いやりのある7月生まれの包容力に、甘えてしまう1月生まれ。

ワガママ放題だし、言いたいことをそのまま言ってしまうでしょう。

それにもかかわらず、7月生まれはあくまで優しくしてしまい、なかなか成長できない、相性最悪のカップルといえそう。

4月生まれの女性×3月生まれの男性

【ケンカが絶えない】

いつも外に目を向けていて、いろいろな出会いを楽しむ4月生まれ。

4月生まれのアクティブさを、3月生まれは広い心で受け止めることができません。

ついつい縛りつけたり、いちいち小言を言ってしまうでしょう。

ケンカの絶えない相性の可能性が高いです。

6月生まれの女性×10月生まれの男性

【長続きしにくい】

遊ぶのが大好きな6月生まれは、恋愛中に次から次へと予定を入れたがるタイプ。

しかし、友人や新しい仲間との時間も大切にしたい10月生まれにとっては、相手にするのも面倒くさいでしょう。

付き合っても長続きしない可能性が高いです。

相性が合わない人もいる

どんなに努力しても、恋愛においては仲良くすることができない「最悪の相性」は、残念ながら存在します。

お互いの傷を深くしないように対処することも、大切となるでしょう。

ぜひ参考にして、幸せな出会いを見つけましょう。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】誕生月占い・相性最悪なカップルは?