気になる男性からのアプローチを待つだけでなく、ときには女性の方からデートや食事に誘うことも、もちろんアリです。

積極的に声をかけることで、関係を進展させられる可能性は高くなりますが、断られにくい誘い方を知りたいという女性もいるでしょう。

そこで今回は、男性を食事に上手く誘うためのテクニックを4つご紹介します。

OKされやすい!男性を食事デートに上手く誘うテクニック4つ

最初はランチに

「最初はまずランチに誘って、そこから仲良くっていうパターンは、よく使いますね。ランチのお誘いなら、そんなに緊張せずにできますし」(27歳女性/広報)

まだ親密な関係になっていない女性から急にデートに誘られたら、身構えてしまう男性が多いのではないでしょうか。

最初からデート感を出しまくるよりも、まずはランチに誘うことから始めると、男性も気軽に応じやすいはず。

そうやって少しずつ距離感を縮めていけば、そのまま自然とデートをするような状況にもなっていきますよ。

お礼を口実に

「気になっている男性に助けてもらったときには、絶対にお礼に食事に誘います。そんな絶好のチャンスは逃してはいけないって、本能的に感じます」(24歳女性/雑誌編集)

誘うときに、なにかしらの「口実」があると、誘う側も誘われる側も、ハードルが一気に下がります。

とくに「お礼」や「お祝い」を口実にすると、男性も嫌な気がしないので、すんなりとOKをしてくれるはず。

食事をしながら、改めてお礼の言葉を述べれば、男性のあなたに対する好感度も大幅にアップするでしょう。

具体的な日程を提示する

「『来週の金曜日の夜に飲みに行きませんか?』って、ちゃんと具体的な日付を言ったほうが実現しやすいですね。本気で誘っていることが伝わりやすいですからね」(26歳女性/ネイリスト)

「今度飲みに行きましょう」とか「落ち着いたらごはん行きましょうね」といった誘い方では、「そうだね」と流されて実現しない可能性が大。

ちゃんと日程を提示したうえで誘うようにすると、少なくとも社交辞令と受け取られることはないでしょう。

「本当に自分と飲みに行きたいんだ」と感じたら、男性は素直にうれしいでしょうし、あなたのことを意識するようになるはずですよ。

会話の流れで誘う

「会話の途中で、美味しいお店の話が出たりしたら、『じゃあ、行ってみません?』みたいな感じで誘います。話の流れで自然に誘えると、すんなりOKももらいやすいですね」(28歳女性/自営業)

変に改まってデートに誘うと、ちょっと重い雰囲気になり、男性に引かれてしまう危険性もあります。

まるで告白をするかのように誘うのではなく、会話の流れの中で自然にお誘いの言葉をかけるのがベスト。

会話が盛り上がっているタイミングで、「たまには飲みに行きましょうよ」とか「あのお店、美味しいみたいですよ」などと言ってみると、「じゃあ、行こうか」となりやすいですよ。

工夫してみて!

男性を誘う際に、ほんの少し工夫をするだけで、成功率はグッと上がるものです。

まずは、あまり重い感じにならないように意識して誘うと、男性も変に構えることなく応じてくれるはず。

相手の男性との関係性によって、誘い方を変えていきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)