お付き合い期間が長くなってくると、結婚も視野に入ってくるもの。

しかし、「彼女のままならいいんだけど結婚はちょっと……」と思うような、相手との価値観の違いを感じることもあるようです。

実際の男性たちの意見を参考に、結婚の障壁になる価値観の違いについてリサーチしました。

「彼女のままならいいけど…」結婚をためらう価値観の違い4選

金銭感覚の違い

「アプリで出会った子と結婚を考えていたのですが、だんだん金銭感覚のズレに気づきました。
というのも、向こうは超がつくお嬢様で、両親が主催のパーティーに呼ばれたとき『高嶺の花だわ』って諦めました……」(33歳男性/飲食)

育った環境があまりにも違いすぎると、価値観を一致させることも難しいでしょう。

金銭感覚だけでなく、学歴や生活スタイルに対する価値観の違いもあるかもしれません。

占いの信用度

「占い好きの元カノは、『今日は東の方角が良い』と謎のリクエストをすることがありました。
同棲後はエスカレートして、『明日は西の方角に行けないから、やっぱり1日家にいよう?』とか言い出して……ついていけないなと思いました」(36歳男性/営業)

朝の番組などを見て、占いコーナーを参考にする程度なら誰でも行っていることでしょう。

しかし「今日は○○できない」「○○しなきゃ」など、行動を制限しているなら要注意。

1人で実践するならまだしも、人を巻き込むのは控えた方がいいでしょう。

貯金に対する意識の違い

「30代前半のときに付き合ってた子とは、結婚直前まで行きました。
でも結婚資金の話になったとき、彼女が貯金ゼロなことがわかって。
そのうえ頑張って貯めようとしているならまだしも、貯める気もゼロ。
結婚したら後悔するなって思い別れました」(39歳男性/自営)

お付き合いするだけなら、相手の貯金はあまり気にしないかもしれません。

しかし、結婚となると話は別。

相手に貯金がゼロで、そのうえ危機感すら抱いていないとなると、結婚をしり込みしてしまう人も多いでしょう。

仕事に対するやる気の違い

「僕は結構、仕事に打ち込んできたタイプです。
でも元カノは『気乗りしない』って当日欠勤とか平気でやってて……。
仕事に対して不誠実なところが、どうしても認められなかったんです。
その他は、大好きだったんですけどね」(38歳男性/医療)

仕事を最優先にしたり、仕事よりも自分の好きなことに使う時間を大切にしたり。

仕事に対する価値観は人それぞれです。

しかし、不誠実な理由で欠勤を繰り返している人に対して「許せない」と感じる人もいます。

せめて社会人としての責任を果たすことは考えたほうがいいでしょう。

歩み寄りが大切!

仲良しカップルでも価値観の違いが解決できないために、結婚にたどり着けないことはよくある話でしょう。

結婚後に気づいてトラブルになるよりは、いいのかもしれません。

いまの彼と結婚したいと思ったら、価値観の見直しと歩み寄りを意識してみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)