交際1年目は、なにもかも新鮮で楽しければOKだったかもしれません。

しかし、2年目以降はそうはいかないもの。

年齢によっては、結婚を意識し始めるときでしょう。

今回は、もっと長続きさせるためにやっておきたいことを3つご紹介します。

自分の友達に紹介する

2人きりのデートも楽しいですが、お互いの友達に紹介するのもあり!

また、結婚を考えている場合は友達だけでなく、お互いの家族も紹介しましょう。

そうすることで、彼の本気度もわかるはずですよ。

生活について話す

2年目は、もっと深く相手を知ろうとする努力が必要です。

そのためには、お互いの生活について踏み込んだ話をするようにしたいもの。

金銭感覚や貯金、収入、また結婚後は共働きしたいかどうかなど話し合ってみましょう。

それとなく結婚相手としての相性を図りつつも、さらに今から準備できることはないか探ってみてください。

結婚を見越して「こうできるといいかもね」というニュアンスでお互いの意識を高め合えることがベストです。

宿泊ありの旅行をする

もしもまだ泊りがけで旅行をしたことがない場合は、ぜひ計画しましょう。

旅行が難しい場合は、半同棲で生活する時間を増やすのもありです。

交際2年目以降は数時間のデートを重ねるばかりではなく、長い時間を一緒に過ごしてみる機会を作ってください。

長時間一緒にいられる関係なら、生涯のパートナーとしての覚悟を意識しやすくなりますよ。

まだまだ知らないことがたくさん!

交際2年目といっても、交際1年目と変わらぬ付き合いをしているカップルも多いでしょう。

しかし、結婚を前提とする場合は、さらにお互いの理解度を深め合うことが大切です。

より具体的な行動に出て、ふたりの意識合わせをしてみるとより良い関係が築きましょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)