彼氏との予定が合わずなかなか会えないときは、LINEでのやりとりが中心になりがち。

それなのに彼からの連絡が少ないと、不安に感じてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、「男性がLINEを返さないときの本音」について解説していきます。

返信が来ない…男性が「LINEを返さないとき」の本音

LINEよりも直接の会話が大事

LINEで毎日細かくやりとりをするよりも、直接会ったときに彼女とたくさん話したいと考える男性もいるよう。

単純に文章でのやりとりが苦手という人もいれば、直接の会話を大切にしたいと考える人もいます。

いずれにしても男性にとって、LINEでの会話は重要度が低い傾向があるため、LINEがないからといって嫌われたと考えるのは安易といえるでしょう。

直接会ったときの楽しみを残しておくと考え、彼に合わせてLINEのペースを落とすのもいいかもしれません。

いい返信が思い浮かばない

「疲れた」「これから遅いランチ」「もう寝るよ。おやすみ~」などの、彼女からのLINE。

これらにどう返答したらいいか分からなくて、そのままスルーしてしまう男性も多いようです。

彼としては無視する気はなくても、返信を後回しにして、忘れてしまうというケースもあります。

彼からの返信がほしいなら、返しやすいLINEを意識しましょう。

頻繁なLINEは面倒

LINEでの細かいやりとりが面倒くさくて苦手という男性は少なくありません。

会えない時間は常にLINEでやりとりしていたいと考える女性は多いですが、その価値観を男性に押し付けるのは危険なことも。

また、毎日LINEするのは面倒なので、たまに電話をする方が楽と考える男性もいるよう。

会えないときの連絡については、事前に彼と話し合っておくといいかもしれませんよ。

お互いの気持ちを考えて

LINEのやりとりに対する考え方は人それぞれ。

彼からの連絡がとぼしいからといって彼を責めたり、ネガティブになったりするのはNG。

お互いの気持ちを考え、ときには彼と話し合ってみましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)