結婚後も恋愛感情が長続きするためには、「日々の声かけ」が欠かせません。

そこで今回は、妻に言われて嬉しかった一言を既婚男性に聞いてみました。

特別な日に交わされる愛や感謝の言葉ではなく、日常のなかで夫がキュンとくるセリフにはどんなものがあるのでしょうか?

胸キュン♡夫の愛情が再燃した「妻のなにげない一言」

シンプルが一番!「好き」

「仕事がうまくいかずに疲れて帰宅したとき、妻はなにも聞かずに、『好きだよ』と言ってくれます。

『どうしたの?』なんて聞きだされるよりずっと嬉しい。『そのままでいいよ』と励まされているみたい」(34歳男性/経理)

単に「好き」だけでも嬉しいようですが、自分が失敗したときや、格好悪いときに言われる「好き」は格別みたいですね。

「そのままでいいよ」と受け入れてもらえているような、温かい気持ちになれるようです。

誇らしい!「結婚してよかった」

「ゴキブリを倒したときや、車を修理したときなんかに『あなたと結婚してよかった』と言われます。

『そこかよ!』ってタイミングだけど、やっぱり嬉しい。男って単純ですね(笑)」(27歳男性/営業)

どんな理由であれ、「あなたが夫でよかった」と言ってもらえるのは喜ばしいようですね。

だれかと比較しているようなセリフですが、よい面での比較であれば男性はあまり気にならないみたいですよ。

出勤前の「気を付けてね」

「ちょっとした一言だけど、心配してくれているのがわかるから嬉しい。逆に言ってくれないと落ち着かないかもしれません」(27歳男性/フォトグラファー)

「行ってらっしゃい」だと玄関で終わりですが、「気を付けてね」だと、その後もずっと気にかけてくれているような気持ちになるようです。

自信が湧く「あなたなら大丈夫」

「仕事で悩んでいたとき、詳細をなにも知らない妻に言われた。でも、無条件に信頼してくれてるんだなと嬉しかった」(40歳男性/人事)

相談した相手が自分以上に不安がっていると、なんだか余計に不安にさせられてしまうもの。

でもこんな風にどっしり構えてもらえると、相手も安心できますよね。

これまでの信頼関係があるからこそ出てくるセリフと言えるでしょう。

冗談でも嬉しい「カッコイイ」

「年齢とともにお腹は出てきて、髪も薄くなってきて……自分でも鏡を見ながらちょっと落ち込みます。

だからこそ、嫁が笑いながらも褒めてくれるのは嬉しい」(38歳男性/公務員)

決してイケメンではないけれど、いざというときに頼りになったり、女性が苦手なことを難なくやってくれたり。

内面のカッコよさを一番知っているパートナーから、夫の魅力を「知っているよ」と伝えられると嬉しいようですよ。

気持ちを口に出してみて

どれもなにげない言葉ですが、振り返ってみると案外口にしていない気がしますよね。

でもそれはもったいないかもしれませんね。言葉の力ってとても大きいものだから。

例えば「気を付けてね」という声かけだけでも、パートナーに「あなたが大切」という気持ちが伝わりますよね。

それに、自分にとっても相手が大切な存在であることを自然と意識できます。

コミュニケーションをおろそかにしている自覚があるなら、ぜひこれを機に言葉で伝えることを実践してみてはいかがでしょうか? 

きっとパートナーとの関係も変わっていくはずですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)