好きな人ができても、積極的なアプローチをする勇気が出ないという人もいるでしょう。

また、周りに彼への好意がバレることを恥ずかしく思い、行動に踏み出せない女性もいるかもしれません。

そこで今回は、奥手でもできる、男性へのさりげないアピール方法を4つご紹介します。

奥手でもできる!好きな男性へのさりげないアプローチの方法4つ

名前を呼ぶ

笑顔と挨拶はアプローチの基本ですが、ただ挨拶するだけでなく、相手の名前もセットで呼ぶとさらに効果的。

「○○くん、おはよう!」と呼びかけることで、「彼だけへのあいさつ」にできます。

名前を呼ばれて挨拶された彼は、個人的な興味を示してもらったように感じて自然とあなたのことを意識してしまうはず。

恥ずかしければ、毎日でなくてもOK。

一瞬でもいいので、2人だけで言葉を交わせるタイミングを狙ってみるといいかもしれません。

相手の好きな話題を話す

自分が詳しくない話題でも、相手が好きなら積極的に話をふっていきましょう。

たとえば、普段見ないスポーツでも相手が以前楽しそうに話していたなら、「確か○○って□□なんだったよね」と復習するようなコメントをしてみましょう。

すると、自分の好きなものに興味を持ってくれたことをうれしく思い、楽しそうに語ってくれるかも。

普段から「そういえばコレ、○○くんが好きだったな」と気づいたら、話題のネタとしてストックしておくのもおすすめです。

相手の意見を聞く

自分のなかである程度意見が決まっていても、相手の意見を聞いてみることで、相手の存在を自分が意識していると伝えられます。

もしかするとさらに良い意見をもらえるかもしれませんし、そうでなくても彼の価値観や考え方を知るヒントは得られるはず。

相手の話を聞いて意見を求められることがあれば、2人の距離が一気に縮まるなんてことも期待できそうですね。

目が合ったら微笑む

気になる男性と目が合ったときは、反射的にニコっと笑顔を向けることを意識してみてください。

この習慣があれば、偶然訪れたチャンスに彼をドキッとさせられるでしょう。

ポイントは、満面の笑みではなくちょっとだけ「照れ」が入る微笑みであること。

こうすれば男性は、「もしかして、自分のことが気になっている?」と期待してしまうもの。

「うれしいけど恥ずかしい」が伝わる微笑みで、恋につなげましょう。

さりげなく好きをアピールしていこう!

モテる女性は会話の引き出しが多く、相手がたくさん話したくなるようなポイントを押さえています。

直接関わる機会が増えれば、それだけ彼もあなたのことを意識してしまうはずです。

まずは挨拶と笑顔で好印象を積み重ね、少しずつ心が近づく会話を増やしてみていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)