気になる男性に対して、どうアプローチすればいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そのなかでもLINEでのやりとりは、とくに悩んでしまいがちなはず。

そこで今回は「気になる男性をドキッとさせるLINE」を紹介します。

会ってないときでも♡男性をドキッとさせるLINEのポイント4選

「寂しい」と伝える

たとえば気になる男性が会社を休んだときに、LINEを送るのはよくあることです。

その際、相手の体調や事情を心配する内容のメッセージを送るだけでなく、寂しいという気持ちも伝えてみましょう。

「〇〇さんがいないと寂しいです」と一言付け加えるだけで、受け取った男性のドキドキ度は一気に跳ね上がるはず。

遠回しではあるものの、好意が伝わる発言なので、彼が急にあなたを意識することもあるかもしれませんよ。

「好き」という言葉を使う

異性に「好き」と言われると、ほとんどの人がドキッとするはず。

じつは、直接「あなたのことが好き」と言わなくても、「好き」という言葉を使うだけで相手をドキッとさせることができます。

たとえば「〇〇さんの服の感じ好きです」や「〇〇さんの優しいところ好きです」など……。

間接的でも「好き」と言っていることにかわりはないですし、LINEだとその「好き」が文字に残るため、大きな効果が期待できます。

あえてメッセージでほめる

「今日の髪型すごくかっこよかったです」「さっきの打ち合わせの企画案、さすがでした」と、あえてあとからLINEでほめるのも効果的なようです。

直接男性をほめるのが苦手という人でも、LINEでなら多少積極的なことも言えるはず。

あとでほめたほうが心に残りやすい場合も多いので、かえって効果的なこともあります。

男性からすれば、自分のことをよく見てくれていると感じ、相手を意識してしまうでしょう。

相談ごとを引き伸ばす

LINEで好きな男性に相談を持ちかけたり秘密を打ち明けたりするのも、距離を縮める秘訣です。

ここでポイントになるのが、LINEのなかですべてを話すのではなく、少し引き伸ばすこと。

「詳しくは今度直接話すね」といえば、男性としてはそのことが気になって仕方がないはず。

またその相談をきっかけに会う約束もしやすくなるので、2人で食事に行く機会も増えるでしょう。

LINEで距離を縮めて!

LINEで距離を縮められれば、そこから恋愛関係へと進展させていけるでしょう。

会っていないときでも、LINEで自分のことを意識させることはできます。

ぜひ参考にして、彼をドキッとさせてみましょう! 

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)