甘え上手な女性を魅力的だと感じる男性は多いでしょう。

でも、甘えたい気持ちはあるけど素直になれない、なんだか恥ずかしい……そんな悩みを持つ女性もいると思います。

そこで今回は、甘え下手でもできる、彼氏をキュンとさせる甘え方を3つご紹介します。

甘え下手でもできる!彼氏を胸キュンさせる甘え方3つ

行動と言葉が真逆

「デート中に『次はしばらく会えないね』と彼女に話しかけたときに、『別に気にしてないよ』と言われました。でも、つないだ手の力が強まってなかなか離してくれなくて。

じつはさみしく思っていることが伝わってきて、キュンとしました」(31歳男性/商社)

デートの帰りに「またね」と言いながらなかなか帰ろうとしない、といった言葉と態度の違いは、男性をキュンとさせる甘え方のひとつ。

素直に甘えられない女性でも、態度だけでの甘えなら挑戦しやすくなるでしょう。

これに真逆の、別れが平気そうな言葉が加わることによって、甘えた際のかわいさがさらにアップします。

男性が女性の甘えたい気持ちに気づきやすい方法なので、挑戦してみる価値ありですよ。

くっつくなら「後ろ」から

「後ろから突然くっつかれるとドキッとします。不意打ちの甘えにドキドキしない男はいませんよ!」(35歳男性/金融)

甘え下手でも、大好きな彼にくっつきたいときはありますよね。

そんなときに言葉で伝えるのが難しいなら、黙ってそっと「後ろから」くっついてみましょう。

横や正面からだと彼の視界に入ってしまい、視線が気になってとまどうかもしれません。

でも後ろからなら、不意打ちになるので男性をドキドキさせやすくなり、照れた表情を彼に見せるのが恥ずかしい女性でも、挑戦しやすい甘え方でしょう。

LINEを活用して甘える

「彼女からのLINEで『早く会いたいな』と言われたことがあります。付き合ったばかりで甘えられたことのない状態だったので、『やっと甘えてくれた!』とうれしくなりました」(29歳男性/食品)

彼氏にストレートに甘えられる女性を見て、うらやましいと思ったことはありませんか?

言葉で直接伝えるのが難しい場合は、まずLINEで伝えることから始めてみてください。

彼を前にすると言葉にしにくいことでも、LINEなら言いやすいと感じることがあります。

また、LINEの活用には彼と会えない時間を充実させられるというメリットも。

会えなくてさみしい思いをしている彼にLINEで甘えれば、きっとキュンとしてくれますよ。

ちょっとした工夫で彼をキュンとさせる

すべてを言葉にして伝えることだけが、甘えるということではありません。

ストレートに甘えるのが苦手なら、気軽にできる甘え方にひと工夫加えて、威力を上昇させましょう。

彼の反応を見て「甘えて良かった」と思うことができれば、少しずつ甘え上手な女性になれるはずですよ。

(愛カツ編集部)