男性はデート中のふるまいだけでなく、行き先の選び方や時間帯など、さまざまなサインを出しているものです。

デートの予定を決めた時点で男性の好意に気づけたら、当日のアプローチの仕方も変わってきますよね。

そこで今回は、男性がデートで見せる「脈ありサイン」をご紹介します。

これがあったら脈あり!男性がデートで無意識に出す好意のサイン

デートの行き先

デートでどこに行くかから、男性の気持ちをある程度読み取れることがあります。

行き先の選び方としては、自分でいろいろと検索することもあれば、今までの成功パターンをぶつけてくる場合もあるでしょう。

その中でも、「行きつけのおすすめのお店」に連れて行ってくれたら、脈ありと考えていいかもしれません。

逆に、会話を楽しめそうにない騒がしい場所などは、それほど好意を持っていない可能性も。

デートの時間帯

基本的に、デートに誘われる時点で、男性は少なからず好意を抱いているはず。

ただ、その中でもお酒の入る「夜」に誘われる方が、男性の本気度はより高いと思っていいでしょう。

単純ですが、じっくり会話をするなら、その後に予定が入っていることの少ない夕食が適しているからです。

さらに、男性としては、お酒の力を借りた方が思いを伝えやすいと思っている場合もあります。

高確率で脈ありのスポット

脈ありのデートスポットといえば、まずは映画が挙げられます。

外を歩かなくていいので環境的に負担が少なく、2人で感想を共有できるところが人気のポイントでしょう。

ただし、男性の中には絶対に映画は選ばないという人もいます。

理由としては、映画を見ている間は2人の会話がなく、そして、鑑賞後に万が一共感し合えなかったときのリスクを考えているから。

男性が、相手の女性との時間を楽しむために、会話の材料を見つけられそうな場所を選ぶようなら、好意を持っている証拠かもしれませんよ。

行為のサインを見逃さないで

デートの行き先や時間を決めるとき、すでに男性は脈ありサインを出しているようですね。

これ以外に、デート中のふるまいやデート後の対応など、男性の好意はいろいろな場面の態度に表われてきます。

気になる彼の気持ちが表れた言動を見極めて、積極的に関係を動かしていきましょう。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)