気になる男性や好きな人と仲良くはなれるのに、それ以上に進展できない……とお悩みの方はいませんか?

自分では原因がわからずモヤモヤすることもあるはず。

今回は、恋愛対象として見られにくい女性の特徴をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

仲良くはなれても…「恋愛対象外」になりやすい女性の特徴

すべてをさらけ出している

好きな人と一緒にいると、つい楽しくなって過去の恋愛の話や愚痴など、ほかの人にはしないような話をしてしまうことはありませんか?

自分をもっと知ってほしいという思いによる行動なのでしょう。

しかし男性のなかには、相手の素を知れば知るほど、友達としか見られなくなるという人も。

自分からオープンにするのではなく、相手から興味を持てもらえるよう、全てをさらけ出さないことを意識できるといいかもしれませんね。

時間にルーズ

メイクやファッションはしっかり万全で臨みたい!といっても、約束の時間から遅れるのはNG。

友達グループだったら「じゃあ先にみんなで飲んで待ってるよ」と対応できますが、付き合うとそうはいきませんよね。

予定時間より前に到着している女性と、いつも遅刻する女性では印象が違ってきます。

遅刻が続くと、相手に迷惑をかけるだけでなく、「俺とのデート楽しみにしてくれていないんだな」と思わせる可能性がありますよ。

上から目線な発言が多い

自分に自信があるのはいいことですが、それを前面に出しすぎるのは控えたほうがいいかもしれませんね。

自慢するつもりでなくても、男性に言い寄られている話をしたり、ほかの人を見下すような発言をしたりするのはNG。

「彼女にすると大変そう」と感じる男性も少なくないようです。

無意識に上から目線な発言をしていないか、意識してみましょう。

再起不能になる前に!

一度「恋愛対象としてなし」だと思われると、そこから挽回するのは難しいでしょう。

仲良くなれるということは、恋愛関係に発展できる可能性があるとも言えます。

そのチャンスを無駄にしないためにも、ささいな言動にまで気を遣ってみるといいかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)