自分のお願いに彼が応えてくれたらうれしいけれど、そこで終わってしまうと、男性からワガママと捉えられる可能性も……。

「ワガママ」と「かわいいお願い」の違いは、お願いをした後の行動にあるのかもしれませんね。

そこで今回は、甘え上手な女性が行う「お願いをした後の言動」を3つご紹介します。

甘え上手の秘訣!「ワガママ」を「かわいいお願い」に変える3つのコツ

希望を聞いてくれたお礼

女性からのお願いをワガママと感じさせないためには、それが男性にとって「ついで」であっても、簡単にできたことでも、感謝の気持ちを伝えることが大切でしょう。

「この前、○○してくれたし」「昨日のデートすごく楽しかったから、今日はお料理がんばっちゃおうかな!」など。

理由を付けてお礼をすることで、男性に「自分だけが一方的にかなえている」と感じさせないはず。

お互いが幸せな気持ちになれるお願いができる彼女を、彼も手放したくなくなることでしょう。

彼のワガママも聞いてあげる

彼にお願いを聞いてもらったなら、次は自分の番!

「愛される彼女」には、この考えが自然と備わっているようです。

「この前○○してもらったし、なにかしてほしいことない?」など、彼の希望を聞いてみましょう。

前にお願いを聞いてもらったお礼に加えて、彼を喜ばせたい気持ちも伝えられるので一石二鳥ですね。

思いっきり喜ぶ

「かわいいお願い」のコツは、彼がしてくれたことに思いっきり喜ぶこと。

どんな内容のお願いでも、男性はあなたのことを思って行動してくれたはず。

そんな彼の思いに対して、喜びをめいっぱい表現してあげましょう。

そうすることで、彼も「しょうがないな~」と言いながら、「かわいいやつだな」と思ってくれますよ。

自分の行動に喜ぶ彼女を見て、もう一度かなえてあげたいとも思うかもしれませんね。

「聞き合い」の姿勢が大切

相手にお願いしたり、相手のお願いをかなえたり、そんな双方向のコミュニケーションが2人の仲を深める大事な要素なのかもしれません。

自分の行動に相手が喜んで、感謝している、お互いがそう実感できることが、よい関係を長続きさせるのでしょう。

「かわいいお願い」を使って上手に甘え、男性に愛される彼女になってくださいね。

(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)