恋愛の経験があっても、自分にとっての一番の幸せといわれると、すぐに思い浮かばない人が多いのではないでしょうか。

今の恋が本当に幸せになれるものなのか、今後出会う恋が幸せになれるものなのか見極めたいところです。

今回は、干支別に、「史上最高の恋の形」をご紹介します。

まずは前編として、子(ねずみ)年から巳(へび)年までの発表です。

【前編】干支占い♡超幸せ!あなたの「史上最高の恋の形」って?

子(ねずみ)年生まれ

【イケメンとの甘い恋】

子(ねずみ)年生まれは、意外に夢見がちなところがあります。

そんな子(ねずみ)年生まれの史上最高の恋は、美形な異性とのロマンティックラブ。

まるで映画やドラマのワンシーンのように恋に落ちるのに、密かに憧れているのではないでしょうか。

丑(うし)年生まれ

【苦労の末に手にした恋】

頑張りやな丑(うし)年生まれは、簡単に手に入る幸せには喜びを感じにくいタイプです。

丑(うし)年生まれの史上最高の恋は、数々のトラブルやアクシデントを乗り越えてやっと手に入れたロマンスでしょう。

苦労したぶん、相手といられることに極上の幸せを感じるはずですよ。

寅(とら)年生まれ

【一生添い遂げたいと思う恋】

寅(とら)年生まれは、恋愛経験が豊富な人が多いのではないでしょうか。

史上最高の恋は、そんな数々の恋愛遍歴にピリオドを打つ、生涯最後のラブストーリーです。

「この人と一生添い遂げたい」、そう思うのが、運命の合だといえるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれ

【年下の相手を支えることに喜びを感じる恋】

気まぐれなところがある、卯(うさぎ)年生まれ。

好きな人ができても、よそ見しがちになることも。

そんな卯(うさぎ)年生まれ史上最高の恋は、アーティスティックなタイプの年下との恋。

才能ある相手を支え、一人前の成功者に育てることに、卯(うさぎ)年生まれはとびきりの幸福を感じるでしょう。

辰(たつ)年生まれ

【似たもの同士との恋】

情熱的な辰(たつ)年生まれは、自分と同じぐらいのパッションとポテンシャルを持つ相手と、自分史上最高の恋をするでしょう。

似たもの同士の2人は、ときには激しくぶつかり合うこともあるはず。

しかしそれでも、お互いの身も心も焼き尽くすぐらい、激しい愛の炎を燃やし続けられるでしょう。

巳(へび)年生まれ

【危険な香りがする秘めやかな恋】

スリリングな秘密の恋が、巳(へび)年生まれ史上最高の恋の形です。

誰にも知られてはいけない……。

用心深い巳(へび)年生まれだからこそ、そんな禁断の関係にいけないとわかりつつも惹かれ、溺れてしまうでしょう。

史上最高の幸せを手に!

恋の形も、幸せの形も人それぞれで正解はありません。

しかしもし迷ったときには、この結果を参考にしてみてくださいね。

あなたが選ぶ道の先に、たくさんの幸せがあるはずですよ。

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)

●午(うま)年~亥(いのしし)年の「史上最高の恋の形」は?