子どもが生まれると、どうしても夫婦だけの時間は取りづらくなるものです。

それでもラブラブな関係を維持している夫婦には、どんな秘訣があるのでしょうか?

実際に、既婚女性から「夫と仲良くするために心がけていること」を聞いてみました。

子育て夫婦でもラブラブ♡旦那と仲良くするためのコツ3つ

旦那と会話する時間を作る

「一方的に私の愚痴大会にならないように気をつけています。
できるだけ明るく話して、夫が聞いて苦痛にならないように、と意識しています」(34歳/看護師)

「夜寝る前には、必ず少しだけ話す時間を作っています。
その時間は軽い話に限定しているので、夫も色々と話してくれます」(37歳/歯科助手

妻がおしゃべり好きで旦那が寡黙だと、つい一方的に話しすぎてしまうこともあるでしょう。

そうならないために、お互いに話す、聞く時間を作ることを意識しているようです。

恥ずかしがらずにスキンシップ

「外ではよく手をつないでいます。ずっとつないでいるので、あまり恥ずかしいとも思いません」(32歳/英会話講師)

「『なに見てるの?』とのぞき込むときに肩に触れたり、テレビを見るときにぴたっとくっついてみたり……。
スキンシップは欠かさないかも」(26歳/事務員)

一緒に暮らし始めると、スキンシップも減りがちになるでしょう。

だからこそ、手をつないだり、肩に触れたりして、恋人同士の頃のようなスキンシップを心がけると、関係も良好に保てるでしょう。

2人きりでデートする♡

「子どもが学校や保育園でいない間にランチデート。
歩いてでもドライブでも恋人気分で楽しめます」(37歳/事務員)

「子どもを預けてデートするときは、必ずオシャレをします。
メイクをしてスカートを履くだけでも、喜んでくれます」(36歳/医療事務)

子ども中心の生活を過ごしていると、それぞれ親としての意識が強くなるため、ラブラブ感は薄れやすいものです。

そんなときこそ、2人きりになる時間を作ってみましょう。

カップルだったあの頃に戻った気分で、2人きりの時間を過ごしてみてくださいね。

気持ちはあの頃のまま♡

ポイントは、恋人同士だったあの頃の習慣を忘れないことです。

家族が増えて環境が変わっても、2人だけの時間を共有できるように心がけることで、ラブラブも長続きするでしょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)