LINEのやり取りを通して距離が縮まり、恋愛に発展していくというケースは珍しくないでしょう。

一方で、LINEが原因で男性に嫌われたり、幻滅されたりすることもあるのです。

そこで今回は、男性の好意が冷める「ガッカリLINE」の特徴を4つご紹介します。

脈なしと思われる?男性の好意が冷めるLINEの特徴4つ

つねに返信が遅い

返信の速さや頻度がすべてではないといっても、あまりにも遅ければ「興味がないんだろうな」と思ってしまう男性もいるようです。

もちろん忙しいときには仕方がないですが、気になる男性からのLINEにはできるだけ早めに返信した方がいいでしょう。

また、時間が経ってからの返信なのに「わかりました」「了解」などのそっけない一言では、ショックを受けるかもしれません。

時間が空いたことへのちょっとした謝罪の言葉があるだけでも、男性へ与える印象は大きく変わるはずですよ。

返事が似たり寄ったりで単調

LINEでの会話中、「へぇ」「そうなんだ」「うん」といった単調な返事をくり返しがちな人もいるのではないでしょうか。

表情や声のトーンが伝わらないLINEだからこそ、似通った文面では適当な相づち、機械的な返事という印象を与えてしまいます。

多少は質問をしてみたり、自分の意見を述べたりと、相手への興味を示すことも大切ですよ。

接し方がずっと他人行儀

もう何度かLINEで会話をしている仲なのに、いつまで経っても他人行儀な接し方をされては、男性は壁を感じてしまうでしょう。

相手に距離を取られている印象のままでは、恋愛関係に発展させるのは難しいはず。

気になる男性が年上や先輩の場合、失礼のないようにと言葉遣いに気を使うことも多いと思います。

とはいえ、少しずつ堅苦しさをなくしていかないと、男性に「自分に興味がない」と誤解をされてしまいかねませんよ。

すぐに会話を終わらせようとする

LINEでダラダラと長話をするのが苦手という男性は多いですが、女性にすぐLINEを終わらせようとされるのも、それはそれでガッカリしてしまうもの。

「自分とは話したくないのかな」「俺の話ってつまらないのか……」と誤解を与える可能性もあります。

会話がひと盛り上がりしたところで終わりを切り出すと、「もう少し話したい」「またやり取りしたい」という気持ちをさせられるはず。

次につなげるためにも、相手の気分が高まる終わり方を意識しましょう。

誤解されないために

LINEでの会話は、気持ちやニュアンスが伝わりにくいもの。

気になる男性に誤解されないためには、いつも以上に言葉遣いや伝え方に注意する必要があります。

メッセージのやり取りで仲を深め、次のステップに進めるようにしたいですね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)