好きな男性の前では、ついほかの人とは違う態度をとってしまった経験はありませんか?

それは男性も同じで、本当に好きな相手に対しては、いつもは見せないような行動を取ってしまうことがあるのです。

その行為のサインに気づけたら、2人の関係を発展させるのに有利に働くはずでしょう。

そこで今回は、男性が「本当に好きな女性だけ」にする行動を4つご紹介します。

無意識に出る好意のサイン♡男性が「本当に好きな女性」についやってしまう行動

さりげなく近くにいる

誰しも好きな人とは、できるだけ近くにいたいと思うもの。

会社の飲み会などでいつも近くの席に座っていたり、そんなに家が近いわけでもないのに送ろうとしたりするのは、そういった気持ちの表れかもしれませんよ。

気がつくといつも目の届く範囲にいるような男性は、あなたへ好意を抱いている可能性も高いので、ちょっと意識して行動を見てみてください。

ちょっと嫉妬する

どうでもいい相手に対しては、嫉妬心など全く起きないし、いつどこでなにをしていようが気にもならないもの。

本気で好きだからこそ、やきもちを妬くのです。

ほかの男性に対しての嫉妬が見られた場合はとくに、好きな気持ちが大きい証拠でしょう。

フォローしてくれる

好きな女性が困っていたら、とにかく力になってあげたいと思うもの。

アピールの意味もありますし、「ほかの男ではなく、俺がなんとかしたい」という気持ちもあるのでしょう。

困っているときにタイミングよく手助けに来るようなら、それだけあなたのことを注視しているということ。

そんなことは興味のない女性には絶対にしないので、自ら手を差し伸べてくれるなら、本気であなたに惚れているはずですよ。

慎重に距離を縮めようとする

相手への好意が大きいほど、嫌われたくないという気持ちも大きくなるもの。

好きだからこそ、軽率な行動はとれないし、じっくり時間をかけて距離を縮めようとするはず。

とくに男性の場合は、自分が真面目な交際を望んでいること、決して遊び目的でないことを理解してほしいという気持ちが強く働きます。

そのため、本当に大切な相手には、いつもよりも慎重に、真面目に接しようとするのでしょう。

ほかの女性と比べて、付き合いは長いのにそこまで友好的でないという場合、それは大事な相手だから時間をかけているのかもしれませんよ。

好意のサインを見つけて

直接言葉に出さなくても、男性の好意は彼の行動に表れている場合があります。

好きな相手のことを意識するあまり、ついほかの人とは違う接し方をしてしまうのかもしれません。

気になる男性に好意のサインらしきものが見られたら、あなたの方から距離を縮めてみてもいいのではないでしょうか。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)