「付き合ったきっかけはLINE」というのも決して珍しい話ではありません。

では、男性はどんなLINEに心をつかまれて、相手の女性を意識するようになるのでしょう。

そこで今回は、男性が、送った女性を思わず好きになってしまったLINEを3つご紹介します。

思わずキュン♡男性が女性に恋するきっかけになったLINE3つ

心配や嫉妬をしてくれた

「帰宅途中ですぐに返信できなかったときに、『いま帰ってきた』と送ったら『遅いぞ!めっちゃ心配した』って来たんですよね。

『なにが心配なの?』と送ったら『ほかの女の子といるんじゃないかとか』って……なんかグッと来て、一気に好きになっちゃいましたね」(20歳男性/学生)

心配だけならまだしも、嫉妬心も同時にかわいく打ち明けられたら、男性が感激してしまうのも納得でしょう。

嫉妬されるということは、やはり自分に少なからず好意を持っているんだ、と相手も気が付くもの。

少しでも気になる女性からこのようなLINEを送られたら嫌な気はしませんし、いままで以上にあなたのことが気になってしまうでしょう。

特別な存在だと思ってくれていた

「なにげなく『ほかの男ともよくLINEするの?』と聞いてみたら『こんなにするのは○○くんだけだよ!』って。

『ちょっと特別』なんて言ってくれて、その瞬間やられましたね」(24歳男性/カスタマーサポート)

誰しも、自分が特別な存在だと思われていたらうれしいものです。

単純かもしれませんが、なんてことないやり取りの中で特別扱いを知らされたら、相手のことを嫌でも意識してしまうでしょう。

あなたのちょっとした一言で、彼の好意が本命への愛情に変わるかもしれませんよ。

お世辞じゃないほめ言葉

「自分は要領があまりよくなくて、そんな悩みを打ち明けていたとき、『そこが○○くんのいいところだよ』って言われたときですね。本気で言ってくれてると感じました。

自分のいいところを言ってくれるってうれしいですよね。しかも自分では欠点だと思ってたことだったから余計に驚いたし、俺のことそうやって見ててくれたんだなって感動しました」(27歳男性/営業)

文面で相手をほめることは簡単ですが、それがお世辞ではなく心がこもっているものなら、LINEでもしっかり相手の心に届くようですね。

お世辞でないほめ言葉は、相手に関心を持って普段から見ていなければ、そうそう出てくるものではないでしょう。

だからこそ、「そんなふうに思ってくれていたんだ」と男性は感動して恋に落ちるようです。

日頃つい見てしまう気になる男性のいいところを、本人に伝えてみてもいいかもしれませんね。

LINEで関係を発展させて

LINEで手軽にコミュニケーションができるからこそ、その使い方が2人の関係を大きく変えることもあるのでしょう。

日頃なにげなく行っているやり取りが、気になる彼との恋のきっかけになるかもしれませんよ。

ちょっとした一言で男性をキュンとさせ、あなたの存在を意識させましょう。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)