付き合うなら、自分だけを見てくれる一途な男性と……そう願う女性は多いでしょう。

自分をまっすぐに愛してくれる相手と、いつまでも一緒にいたいものですよね。

そこで今回は、男性の干支から、一途に愛してくれる「愛情深い男性」を占いました。

ランキング形式で、TOP3をご紹介します。

干支で占う!パートナーに一途な「愛情深い男性」ランキングTOP3

3位:亥(いのしし)年生まれ

【子どものようにまっすぐな愛情】

子どものような無邪気さが特徴の、亥(いのしし)年生まれの男性。

自分の気持ちに正直に、まっすぐな瞳で一途に愛を注ぐでしょう。

ちょっとしたことですねたり、ケンカしたりすることも多くはなりますが、パートナーへの愛情が揺らぐことはまずありません。

2位:巳(へび)年生まれ

【溺愛ゆえの強い執着心】

巳(へび)年生まれの男性は、一度好きになった女性に一途すぎて、「少しくらい他のことにも興味持ったら……?」と言いたくなるくらい。

その反面、彼女に対する執着心や嫉妬心もすごいものです。

女性側が驚くレベルでやきもちを焼くこともあるので、男性を不安にさせる行動が多い女性は大変かもしれません。

1位:丑(うし)年生まれ

【言葉にしないだけでよそ見なし】

口下手なところがあり、感情をあまり表に出さないこともある丑(うし)年生まれの男性。

ですが、心の内にある愛情はかなりの熱量で、一度好きになった相手を、頑固に愛し続けるでしょう。

よそ見ができない性質も手伝って、一途に愛してくれる男性です。

お互いが満足する愛の形を探して

自分のことだけを愛してくれる男性に憧れる女性は多いでしょう。

しかし、あまりに一途な愛を「重い」と感じることもあるかもしれません。

そんなとき、お互いの「ちょうどいい愛し方・愛され方」を探すことが、幸せな恋愛のポイントですよ。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)