いままで年下は恋愛対象じゃなかった女性にとって、年下男性との距離の縮め方は難しいものです。

付き合えてもなかなか関係が進展しないことに、ヤキモキしている女性もいるでしょう。

そこで今回は、年上女性ならではの「大人の魅力」を男性たちに聞いてみました。

宅飲み中に…

「いつだったか、同僚と宅飲みしたことがあったんですよね。
そのときに、ふざけてひざまくらしてもらったんですよ。
そしたらドキドキしちゃって……。
そこからはもう、先輩じゃなくて女性としてしか見れませんでした」(26歳男性/接客)

「ひざまくらをされる」という滅多に起きないシチュエーションに、ドキドキしてしまう男性も多いものです。

すでに付き合っているなら別ですが、交際前にひざまくらをするのは難しいでしょう。

飲み会中などに大人の余裕を見せられるといいですね。

振り回されて…

「年上の女性に振り回されるのって、たまらないんですよ。
というのも、以前に『私がチューしたいって言ったらどうする?』ってからかわれたことがあって。その一言で、ドキドキが止まりませんでした」(26歳男性/エンジニア)

年上からの挑発的な発言がたまらない!という男性もいるようです。

わがままっぽくなりすぎないように注意しましょう。

それから「今夜これからどこか行く?ウソ、冗談!」といったセリフも、男性をその気にさせることができるでしょう。

結婚式で…

「同僚の結婚式のとき、いつもはスーツスタイルの先輩のドレス姿を見たんです。
そのドレスが、なんだか色っぽいデザインで。
あれは本当に綺麗でした。本気で口説こうって考えてたもんね」(26歳男性/営業)

仕事着しか見せていない相手には、私腹を見せるだけでも効果絶大です。

年下男性を射止めたいと思ったら、まずは服装から見直してみるのもありですよ。

お酒を飲むと…

「先輩と飲んでいたときに、酔った勢いでいきなり『付き合ってあげようか?』って言われたときは、ドキッとしましたね。
しかも、ふにゃふにゃに酔っていて。あれは卑怯です。その気になっちゃいますから」(25歳男性/企画)

お酒を飲むと、普段の姿とのギャップが生まれやすくなります。

そんなギャップに、グッとくる男性もいるようです。

年下は受け身になりがち?

男性は年上の女性に対して、受け身になってしまうことも多いようです。

ちょっと女性から手助けするようなアクションがあれば、一気に関係を進めやすくなります。

大人の魅力を最大限に生かしながら、好きな人との距離をもっと近づけてくださいね!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)