幸せになるためには、運を味方につけることが大切。

そのためには、意識して運気を高めるためのアクションを起こす必要があります。

そこで、12星座ごとに「1年以内に実行したい運気アップ行動」を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)のご紹介です!

【後編】12星座別♡1年以内に実行したい「運気アップ行動」

てんびん座(9/24~10/23)

【理想の自分を持つ】

バランス感覚に優れるてんびん座は、迷いやすい面があります。

しかし、毎日を自信なく不確かに生きるのは、とてももったいないこと。

自信を持って生きるために必要なのは、「こうありたい」という自分の理想像。

自分の理想から逆算して考えれば、なにが起こっても自信をもって行動できるはず。

さそり座(10/24~11/22)

【精神面を満たす行動】

さそり座が成長するためには、なにか心を満たすものが必要。

さそり座の心を満たすのは、ものや経済的余裕かもしれません。

心に余裕ができると勘は冴え、インスピレーションは最高潮に達するはず。

そのような状態なら、人の心が手に取るようにわかり、神がかり的なカリスマ性を発揮することがあるでしょう。

いて座(11/23~12/21)

【自分の考えを整理する】

いて座にとってジッとしていることは、かなりのストレスかもしれません。

しかし、いつも心のスイッチをオンにしていると、なにもかも投げ出したくなる衝動にかられる危険性があります。

ときには、考えを整理したり、リラックスしたりする時間が必要でしょう。

そうすることで、あなた自身も気付かなかった新しい一歩が踏み出せるはず。

やぎ座(12/22~1/20)

【ポジティブな発想を心がける】

やぎ座はチャンスを目の前にすると、自分から避けてしまうような部分があります。

それはうまくいかなかったときに、自分が傷ついてしまうことを知っているから。

しかし、自分から行動しなければ、成功もつかめません。

ポジティブな発想を心がけて、将来の成功のために行動しましょう。

みずがめ座(1/21~2/18)

【誰かに甘えてみる】

普段元気で明るいみずがめ座でも、ときには落ち込んだり、ブルーになったりすることもあるでしょう。

そのようなとき、みずがめ座は立ち直るのに少し時間がかかってしまう性格でもあります。

もしも、心に陰りが見えたら、その自分を恥ずかしいと思わず、思い切って甘えて見てください。

そして、あなたを慰めてくれる身近な相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

うお座(2/19~3/20)

【自分らしさを貫き通す】

うお座の繊細さと気遣いは多くの人を癒やすことができるでしょう。

しかし、そのデリケートさから、自分の意見を通すことや信念を貫くことを遠慮して諦めてしまう部分も。

どんなことでも、継続することや一貫性を持たなければ、中途半端で終わってしまいかねません。

環境が変化しても「変わらない自分」を持つことが、幸運の秘訣です。

幸せになるために!

運を高める方法は一つではありません。

人それぞれ自分らしく運気を高める方法が存在します。

それを知るためにはまず、自分自身を知ることから始めてみてください。

ぜひ参考にしてくださいね!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座が1年以内に実行したい「運気アップ行動」