大好きな彼と付き合っていても、不安を感じることはあるでしょう。

しかし男性のなかには、言葉よりも行動で愛を伝えるという人もいるようです。

今回は、彼女を溺愛している男性の行動をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

あまり「好き」と言わなくても…彼女を溺愛している男性の行動

スキンシップをする

愛情が増すにつれて、スキンシップも増えていく傾向があります。

デート中に手をつないだり、ハグしたり、肩にもたれかかったり……。

触れ合っているだけでも安心感が強まるのだとか。

不安を感じているときこそ、お互いにスキンシップを意識し合えるといいですね。

2人の時間を作る

彼女を溺愛している男性は、どれだけ忙しくても彼女との時間を作ろうとするようです。

隙間時間に会おうとしたり、会えなくてもこまめに連絡を欠かさなかったりと、忙しいからこそ彼女との時間を大切にするのだとか。

会えない日々が続くと不安を感じやすいですが、彼がわずかな時間でも2人の時間を作ろうとしてくれるなら、それは愛だと思ってもいいかもしれませんね。

彼の思いを想像し、大切にしていきましょう。

意見が合わないときは話し合う

どれだけ仲がいいカップルでも、ケンカやすれ違いが起こることもあるでしょう。

そんなとき、自分の意見を押し通そうとしたり、話し合いをしようしたりしない男性には要注意。

彼女や今後の2人のことを思っているなら、お互いの意見を踏まえて結論を導こうとするはず。

仲がいいときだけでなく、意見が違うときこそどんな反応をするのかチェックしてみるのがいいかもしれません。

素直に思いを伝える

好きな人や恋人に対して、独占欲を抱くのは自然なことでしょう。

しかしだからといって過度な束縛をするのは、お互いを苦しめるだけです。

彼女を本当に大切にしている男性は、束縛するのではなく、心配の気持ちを伝えることが多いようです。

飲み会に行くときには「気を付けてね」と言ったり、嫉妬したときには「不安になる」と言ったりして、きちんと素直に思いを伝えてくれるのは、溺愛ゆえなのかもしれません。

言葉よりも行動を見て!

彼氏がなかなか「好き」と言ってくれないと、上手くやっていけるのか不安に感じるかもしれません。

しかし彼の言葉だけでなく、行動に注目すると彼の気持ちがわかることも。

彼の行動や態度などをすべてひっくるめて見極めるようにすると、愛が伝わってくるのではないでしょうか。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)