付き合いたての頃は、相手のことをまだよく知らなかったり、思ったことを素直に話せなかったりするでしょう。

そんな状態がストレスになることを防ぐには、相手のちょっとした仕草や態度から、本音を知ることが大切かもしれません。

そこで今回は、男性の仕草で分かるあなたへの「本音」を3つご紹介します。

彼の本音が見える!男性の仕草から読み取れる女性への気持ち

髪をいじる:退屈

あなたが話をしているのに、彼が髪の毛を触ったりあごをなでたりするなら、それは退屈しているサイン。

一応、聞いているふりをしていても、早く切りあげなてくれないかなと思っているかも。

そんな仕草が見えたら、早々に話をまとめて、別の話をしたほうがいいでしょう。

男性になにか話をふってみるのも、ひとつの手かもしれませんね。

腕組み:緊張

腕組みをするのは、無意識に自分を守ろうとする仕草と言われています。

もし、彼が腕組みをしていたら、不安がある、緊張があるというサインでしょう。

なにか居心地悪く感じるものがあるのかもしれませんし、デート中ならこの先のプランに不安があるのかも。

ズボンを触る:話したいことがある

自分のなかに話したいものがあるけれど、ためらってなかなか話せないというときに、そのもどかしさからズボンを触るということがあります。

座っているときに彼がズボンを触っていたら、なにか話したいことがあるのかもしれません。

なかなか話せない理由としては、うまく言葉にできないこともありますが、これを言ってもいいのかな……と不安に思っていることも。

彼がズボンを触っていたら、あなたの方から話を引きだしてあげるといいでしょう。

彼の話がたどたどしくても、適当に切り上げたり、勝手に決めつけて結論付けたりせず、じっくり聞いてあげると彼も話しやすいと思いますよ。

サインを見つけて早めに解消

お互いのことがまだよく分かっていない状態では、必要以上に気を使うことも多いかもしれません。

ちょっとしたストレスや気遣いのし過ぎで疲れを感じると、次のデートは気が重いと思うようになったり、距離を置きたいと思ったりするきっかけになるかもしれません。

そんな状況を避けるためにも、男性の仕草から彼の気持ちをいち早く察せられるといいですね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)