遊び人の男性は、本命以外の女性をキープしておきたい場合、一見とても優しく、紳士的に接することがあるよう。

しかし、明らかに本命とは接し方が違うポイントもあるんだとか。

そこで今回は、男性がキープの女性に取りがちな態度を4つご紹介します。

優しいけど本命じゃない?遊び人の男性がキープの女性にしがちな言動

深い関係にならない

女性がいまよりも深い関係を望んでいても、男性はキープの女性との関係を進展させることに、とても慎重になるようです。

関係が深まるほど、男性側も自由に動ける時間が減り、本命の女性のための時間が減ってしまうからでしょう。

キープの女性には様子見程度の関わりに留めるつもりなので、もう一押しがないという状態が長いなら、キープになってしまっている可能性が高いかもしれませんよ。

電話に出ない

遊び人の男性は、キープの女性との関わりは決まった範囲に留め、省エネで関係を続けたいと考えがち。

そのため、予期せぬ電話やLINE通話には出ず、「キープに割く」と決めた時間帯になったら折り返すよう。

場合によっては、メッセージで要件を聞くだけということも。

毎回折り返しになってしまう場合は、キープされている可能性が高いと考えたほうがいいかもしれません。

弱みを一切見せない

女性の前でかっこよくいたいという男性は少なくありませんが、本命の女性にだけは甘えたいという男性も多いです。

自信がある部分をたくさん見せているからこそ、弱い自分を出しても大丈夫と思えるのでしょう。

一方、キープの女性に対しては、保険として残しておくために、つねに「最高の自分」だけを見せようとするのかも。

デートの時間も最小限で、「彼って完璧」と感じている場合、キープの可能性があるので注意してくださいね。

ランチにしか誘われない

ディナーではなくランチに誘う、かつそれが続くという場合、キープされている可能性は高いでしょう。

ディナーはそのあとの流れを含めて、勝負をかける機会が多くあります。

一方、ランチタイムというのは、それほど勝負をするタイミングはないでしょう。

男性としては、「1日を有意義に使う」ために、キープしている女性とのランチは11時など早めに設定することが多いようです。

また、お店も本命のための開拓も兼ねて、キープとのデートに利用するということも。

毎回早い時間帯で、かつ新しいお店ばかりの時は、少し注意してみるといいでしょう。

彼の本心を見極めて

今回ご紹介したような行動があるからと言って、すべての男性が複数の女性と関係を持っているとは限りません。

しかし、なにかしら不安や不満を感じて、それを伝えても彼の行動が変わらないのなら、本命が別にいるのかも。

男性の本心を見極めて、後悔しない恋愛をしましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)