デートではいい感じだったのに、次のお誘いがなかなかない……こんな状況では、不安になる女性も多いでしょう。

じつは、男性の好意の有無は、LINEでの態度に表れていることもあるそうなんです。

そこで今回は、男性が本命じゃない相手に送る脈なしLINEの特徴を3つご紹介します。

脈なしかも…男性が恋愛対象外の相手に送るLINEの特徴

返信が遅すぎる

仕事の都合などで、すぐに返信できないこともあるかもしれませんが、あまりに遅いようなら後回しにされている可能性が高いでしょう。

本当に気になる相手には、本腰を入れて返す時間がなくても、なんとか早めに返信しようとするものでしょう。

場合によっては、ほかの女性とのやり取りが楽しくて、あなたにかまっていられない……という状態かもしれません。

恋愛の話題はスルー

気になる相手に勇気をだして恋愛の話題をふっても、あまり乗ってこないどころか、スルーされてしまう場合。

残念ながら、ほぼ脈なしだと思われます。

興味のない人と恋愛の話をしても無駄だと思っている男性は少なくないでしょう。

自分はその気がないのに恋愛の話に誘導して、なんとか意識させようとしている……と思われる可能性もあります。

返信は相づち&スタンプのみ

「うん」「そうなんだ」などの相づちしか返してこないのは、「会話を広げる気はない」「興味がないです」というメッセージであることが多いよう。

少しでも好意がある相手なら、気分を害さないように、可能なら会話を楽しく続けようと工夫するものですよね。

また、メッセージではなくすべてスタンプで返ってくるという場合も、脈なしの可能性が高いでしょう。

どんなにかわいいスタンプや好意の言葉が入ったものでも、文章を考えたくないと捉えざるを得ません。

時間をかけてアプローチ

脈なしサインは嫌われている証ではなく、いまはまだ恋愛対象でないというだけのこと。

彼のことが気になっているのであれば、焦ることなく、時間をかけて距離を縮めていきましょう。

いますぐなんとかしようと行動すると、むしろ相手に強い不快感を与え、仲を深めること自体出来なくなるかもしれませんからね。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)