使用不可

気になる彼とデートができたら、とてもうれしいですよね。

しかしなかには、「彼が楽しんでくれているのか不安になっった」という女性もいるようです。

実際、女性側が満足していても、男性の気持ちが冷めてしまったというケースもあります。

今回は、男性がデート中に「不満に感じていること」をご紹介!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

彼に向き合っていない

女性と同様に、男性もデートを楽しみにしているはず。

そのため、「蔑ろにされている」と感じると、イライラしてしまうようです。

たとえば、ショッピングに費やす時間の長さなどが挙げられるでしょう。

ウィンドウショッピングは避け、目当ての商品を決めて買い物するといいかもしれません。

デート中は2人の時間を大事にすることを意識してみてくださいね。

写真撮影に時間をかける

デート中に写真を撮ってばかりいるのも、男性はいい印象を持たないようです。

話題のデートスポットに行ったり、美味しいスイーツを食べに行ったりしたときは、写真を撮りたくなりますよね。

しかし、写真撮影に夢中にならないよう注意!

角度や彩度を気にすると、思いのほか時間がかかることもあります。

写真の加工は帰宅してから行うなど、工夫が必要かもしれません。

また、「写真撮ってもいい?」と一声かけるだけで印象が変わるでしょう。

会話に消極的

好きな人からは、いい印象を持ってもらいたいもの。

「できるだけ失言しないように……」と考えて、本音で話せない方もいるかもしれませんね。

とくに「なんでもいいよ」「合わせるよ」と言いがちな人は要注意。

男性のなかには、「積極性がない」「デートを楽しんでいない」と感じる方もいるようです。

もちろんわがままばかりはNGですが、ご自身の意見も適度に伝えてみてください。

どうしても難しい場合は、いくつか選択肢を伝えてみるだけでも効果がありますよ。

マイナスな発言が多い

デート中は、楽しい時間を過ごしたいですよね。

そのため、女性側のネガティブな発言を快く思わない男性も多いようです。

デートの場所や季節によっては、「人が多くて嫌だね」「今日暑いよね」など、文句を言いたくなることもあるでしょう。

また、日頃の愚痴をつい話したくなることもあるかもしれません。

しかし、ネガティブな発言をした後は、前向きな言葉で締めるなど工夫が必要です。

「お互いが楽しめるデート」を意識して、できるだけポジティブな会話になるよう心がけてみてくださいね。

相手の男性を思いやろう

デートは自分だけではなく、2人が一緒に楽しむもの。

気遣いがない言動は、些細なことであっても印象を悪くする原因になります。

逆に、相手への思いやりが見えれば、男性も理解を示してくれるでしょう。

大切にされる女性になるためにも、デート中の言動を少しだけ見返してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)