気になる彼との関係をもう少し進展させたい、男性に甘えたいけど、どうすればいいか分からない……。

積極的なアプローチが苦手な女性は、そのような悩みを抱えていることもあると思います。

そこで今回は、男性をその気にさせるかわいい甘え方を3つご紹介します。

その気になっちゃう!男性の好意を刺激するかわいい甘え方3つ

デート終わりに「もうちょっといたいな」

「デートで夜になって、あんまり遅くなってもよくないし、『そろそろ帰る?』って声をかけたときに『ん~……まだ帰らない』って言われたんですよね。

なんかめちゃかわいくないですか?『まだいいんだ……やっぱ俺のこと好きかな?』ってその気になってしまいました」(21歳男性/学生)

優しい男性は、本当はまだあなたと離れたくなくても、帰りの時間を気にしてくれるもの。

そんなとき、もし時間が許すなら、女性から「まだ帰らない」と思わせぶりに言ってみたり、「もうちょっといたいな」と甘えたりしてみませんか?

照れくさいかもしれませんが、男性も「好き」と同義と捉え、一気にその気になってしまうでしょう。

「手が冷たい」と手を握る

「エアコンの効いた店内で、彼女が急に『手が冷たいよぉ』って、俺の手を握ってきたんです。ドキドキしたけど、めちゃくちゃうれしくてテンション上がりましたね。

『わっ、冷たい!』って言いながら思い切り握り返しました(笑)」(26歳男性/Webデザイナー)

夏はエアコンで手先が冷えてしまう女性も多いと思います。

そんなとき、「手が冷たくなっちゃった」と彼の手を握ってみれば、男性もリアクションしやすいので、気まずい雰囲気になることなく甘えられますよ。

あなたの思い切った態度に、彼も自信を持てるようになり、告白する勇気が出てくるかもしれませんね。

別れ際に「送って欲しいな」

「帰り道は『送ってくれる?』とか、かわいく甘えられたらうれしいですね。その時間一緒にいられるし、彼女をひとりで帰すのも心配なので。

逆に『ひとりで大丈夫!』なんて送るのを断られたら落ち込みますよ」(25歳男性/営業)

遠慮がちな女性は、男性に気を使って「ひとりで平気だから」と、帰ろうとすることが多いのではないでしょうか。

でも、そんな風に言われると、男性は「嫌われてる?信用されてない?」と内心落ち込んでしまうようです。

それよりも、「1人じゃ寂しいし、怖いなぁ。送ってくれない?」と素直にかわいく頼られる方が、男性は喜ぶもの。

思い切って「もうちょっと一緒にいたいし……」と付け加えられたら、さらに効果的でしょう。

彼に甘えて関係進展

うまく進んでいるようで、あとちょっとがなかなか進展しない男女の微妙な関係……。

こんなときは、男性もヤキモキしていることでしょう。

あと一歩進展するためのきっかけを、思い切って自分から作りに行ってみてはいかがですか?

あなたから甘えられることで、彼も積極的に関係を発展させてくれるかも。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)